無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

132
2018/09/02

第3話

2話
その後、あなたはかなり迷ったけど無事に学校へ到着

























その頃、あなたの教室では…
先生:あなたは来てないのかーー??
   入学式も来ないで…
   まったくもう!!
ウジュ
ウジュ
(あああああああ、やっぱり遅刻すると思ったよおお)
テテ
テテ
初日から遅刻てすげえな
ジミン
ジミン
男子?
テテ
テテ
いや、名前からして女子だろ
ジミン
ジミン
てかこのクラスかわいい子いないーー
テテ
テテ
でもさ、あの子可愛くない?
ジミン
ジミン
どの子??
がらっ
あなた

遅れましたーー

先生:やっと来たか。
   なんで入学式来なかったんだ?
あなた

忘れてました

男子:え…やばくね
   めっちゃ可愛いやん
女子:めっちゃ可愛い💕
   面白いし仲良くなりたいーー
先生:おい!!お前らうるさいぞ!!
   まったく。
   あなたは、ジミンの隣な。
あなた

ジミン
ジミン
あっ!僕だよーー😊
あなた

あ!

ジミン
ジミン
え?
あなた

ウジューー!!同じクラスだったんだ!!

ウジュ
ウジュ
そーだよ笑
はよ席つきな
あなた

はあい

あなたが席に着くと早速餅が話しかけてきたよって。
ジミン
ジミン
あなた!僕ジミン!よろしくね😊
あなた

うん

冷たい。

餅ショック受けてます。
あなた

あ、

ジミン
ジミン
うん!何!
あなた

餅ってよぶね

ジミン
ジミン
え?
あなた

よろしく

話を強制終了してスマホいじりだすあなた。
こんなに冷たい女の子を初めて見たそうで、驚きのあまり固まる餅。



それ見て、ジミンの隣の四次元もびっくり。
テテ
テテ
わお
すんごいクールなガールだねえ
ウジュ
ウジュ
気にしないであげて
元からだから
テテの前の席のウジュちゃんが2人に説明中
































授業中
あなたと四次元は爆睡中

餅は真面目に授業受けてて

ウジュちゃんはリップ塗ってる。
先生:あなたとテヒョンは廊下に出てろーー















起きない2人






結局起こされて2人で廊下に。
テテ
テテ
ねえ、あなた
あなた

テテ
テテ
彼氏いんの?
あなた

いない

テテ
テテ
ふーん
あなた

(スマホ教室に置いてきた最悪)

って思いながらどこかへ歩いていくあなた
テテ
テテ
え?どこ行くの?
あなた

ん?屋上

テテ
テテ
俺も行くーー
あなた

うん

時間スキップ








2人は屋上でけっこうしゃべったので仲良くなりました。
テテ
テテ
あなたーー
あなた

ん?

テテ
テテ
部活なに入る?
あなた

んーー
ダンス部?

テテ
テテ
まじで!!俺も入ろうと思ってたんだ!!
女子:テヒョン君、ダンス部はいるってよ!!

女子:まじで?入んなきゃ!!


あなた

じゃあ、一緒に見学いこ

テテ
テテ
うん!
ウジュ
ウジュ
あれ、なんか2人、
ジミン
ジミン
仲良くなった??
あなた

あ!ウジュ!!
何部はいるん?

ウジュ
ウジュ
私は、美術部はいろうかなって
あなた

へえ
いいじゃん

ウジュ
ウジュ
あなたはダンス部?
あなた

うん

ジミン
ジミン
え!あなたダンス部はいるん?
一緒じゃん!
あなた

そーなの?

ジミン
ジミン
うん!僕もダンス部入ろうと思ってさー
テテ
テテ
じゃあ、3人一緒じゃん笑
あなた

んね
がんばろー