無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

甘々壱馬 ③
あなたside
壱馬に食べるもの持っていくために一回リビングに。
陣
あなた、壱馬どやったん?
あなた

熱です。

RIKU
RIKU
あちゃー、、何度だった?
あなた

39.8ありました…

山本彰吾
山本彰吾
え、高…
あなた

とりあえず冷えピタ貼っておきました。

吉野北人
吉野北人
もう日にち薬だよね
あなた

よね。

浦川翔平
浦川翔平
壱馬さんが熱…珍しいですなぁー
LIKIYA
LIKIYA
ふざけて壱馬の邪魔すんなよ?翔平
浦川翔平
浦川翔平
もちろんでっす☆
軽ーくお粥を作って、持っていく。
堀夏喜
堀夏喜
あれ、あなたどこ行くの?
あれ、なっちゃん?
あなた

壱馬の部屋に行くけど、、

日高竜太
日高竜太
あれ、壱馬どした?
あ、シェアハウスか…←
あなた

熱出した。

片寄涼太
片寄涼太
うわーお、まじか
あなた

それが意外に高くて、、

木村慧人
木村慧人
何度?
あなた

39.8あった…

深堀未来
深堀未来
あちゃー
中島颯太
中島颯太
とりあえず行っておいで。
あなた

ありがと、颯ちゃん。

陣side
なんかあなたも元気ない感じがするんやけど、、、
陣
あなたもしんどそうやない?
RIKU
RIKU
そうだね、、
長谷川慎
長谷川慎
でも、気づいたんですけど、、
陣
長谷川慎
長谷川慎
壱馬さんが元気ないときとかあなたも元気ないみたいなんですよ
藤原樹
藤原樹
それは思った。
陣
そうかぁ〜、まあ、後で一応計ってもらうか
RIKU
RIKU
だね!