無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

嫉妬と照れ
あなたside
あなた

りっくんってカッコいいよねー!

RIKU
RIKU
そ、そう?///
あなた

まこっちゃんも!!

長谷川慎
長谷川慎
ありがと//
玲於side

RAMPAGEの楽屋の中から、あなたの声が聞こえる
気になって、話の内容をこっそり聞いてると…
その内容は俺にとって衝撃的なものだった
あなた

りっくんってカッコいいよねー!

とか
あなた

まこっちゃんもー!

とか
佐野玲於
佐野玲於
はぁ…(ボソッ
俺以外にカッコいいって言っちゃダメって言ったのに…
その時、樹が来た
藤原樹
藤原樹
おぉ…玲於さん!
佐野玲於
佐野玲於
よう!樹
藤原樹
藤原樹
どしたんすか?
あ、玲於偵察隊w?
佐野玲於
佐野玲於
そうそうw
なんたけどねー…
藤原樹
藤原樹
ここではやめといた方がいいみたいなんでカフェテリアに移動します?
佐野玲於
佐野玲於
サンキュ
樹、優し…
いい後輩持ったー!
カフェテリアに着いてすぐあなたに
佐野玲於
佐野玲於
『玲於偵察隊遅れる〜!』
と送っておいた
あなた

『了解!今から撮影でーす』

佐野玲於
佐野玲於
『OK』
コーヒーを飲んで、一息ついた
佐野玲於
佐野玲於
じゃあ話し始めていい?
藤原樹
藤原樹
どうぞ!
佐野玲於
佐野玲於
俺がRAMPAGEの楽屋に入ろうとしたら、中からあなたの声が聞こえて来たから、聞いてたの
藤原樹
藤原樹
はい
佐野玲於
佐野玲於
そしたら、りっくんかっこいい!とかまこっちゃんも!とか…
藤原樹
藤原樹
いわゆる嫉妬ですよね?
佐野玲於
佐野玲於
う、うん…
藤原樹
藤原樹
今から言うこと、あなたに言わないでくださいね?
佐野玲於
佐野玲於
分かった
藤原樹
藤原樹
あなたは毎日のように楽屋で、『玲於、カッコ良すぎてカッコイイって言えない…(〃ω〃)』って言ってますよ?
佐野玲於
佐野玲於
え…///////
藤原樹
藤原樹
だから、あなたがかっこいいって言ってる人はもちろんかっこいいですけど、やっぱり玲於さんには誰も敵わないみたいですよ?
佐野玲於
佐野玲於
そう、なんだ!ありがと!樹
藤原樹
藤原樹
いえいえ!とんでもないです
カフェテリアの帰りに、撮影終わりのあなたとあった

本当にあなたを好きになって良かった…
あなたに告白して良かった…
佐野玲於
佐野玲於
(これからもよろしくね?☺︎)

ねぇ、玲於?

ん?

いっちゃんと何処で何喋ってたの?

ダメダメダメ(アイコンタクト 

え、あー、カフェテリアでゆっくりしてただけ

そうだよ?あなた

樹と最近喋ってなかったからさ?

ふーん(´⊙ω⊙`)

[え、怖っ…(ゾワッ 〕

(あなた/玲於/あなた/樹/玲於/樹/玲於/あなた/玲於&樹)