無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話



☀️ morning 🌱




いつものシャワー🚿 の音が聞こえない.



珍しく私の隣で大好きな匂いがする.



だから, ギューって抱きついた.

















ユゥー.
ユゥー.
  健人?
ラブホリ .
ラブホリ .
  ん?
ユゥー.
ユゥー.
  おはよ.
ラブホリ .
ラブホリ .
  おはよ.








そう言って, 健人も私に抱きついた.


































でも, なんでいるんだろう...






ユゥー.
ユゥー.
  仕事は?
ラブホリ .
ラブホリ .
  休み.









久しぶりのお休みかな?



今日は, ゆっくりさせてあげたいな.



でも, お出かけにも行きたい.










































ラブホリ .
ラブホリ .
  大学は?
ユゥー.
ユゥー.
  お昼から, だったと思う.
ラブホリ .
ラブホリ .
  あるんだ.
ユゥー.
ユゥー.
  あるよ.









若干寂しそうに見えたけどほっとこう.←



大学があるまでゴロゴロしt





ラブホリ .
ラブホリ .
  出かけたい.
ユゥー.
ユゥー.
  ごめん, めんどくさい.
ラブホリ .
ラブホリ .
  はい?!  そんなことある?!







突然の言葉にびっくりした.



私もしたいと思ってたけど,



疲れてるよねとか, 休ませたいとか



思ってたから, 行けないって思ってたから.






ラブホリ .
ラブホリ .
  はい.  この服きて.










と, 渡された服.



______『俺これ着るから.』



健人が持っている服をよく見ると



ペアルック...




スキニーに, 色違いのパーカー.



そして, 同じジャケット.








ユゥー.
ユゥー.
  ないわぁ~.
ラブホリ .
ラブホリ .
  はい, 行くよ.





と, 出された手.



早く握って. というように



_______『ん.』



と, 手をパタパタしていた.






だからわざと,




______『はい, 行くよ~.』



と, 健人を抜いて外に出た.










出てきた健人は, 帽子にサングラス.



まぁ, ですよね. という格好をしていた.



しかも











ユゥー.
ユゥー.
  けんとー.







と, 名前を言うも返事なし.



なんだあいつ. と思っていたら



健人が私の隣を通り過ぎ



すれ違う時に,







__________『阿呆, もう嫌い.』





と, 頬をふくらませながら言って行った.



スタスタと早歩きで歩くから



追いつかない.



しかも, あいつ足長いから1歩の幅が大きい.










ラブホリ .
ラブホリ .
  早く. (怒)







って言われてもさ.









ユゥー.
ユゥー.
  無理だし阿呆.
ユゥー.
ユゥー.
  追いつけないの!
ラブホリ .
ラブホリ .
  知らない.





と言われてイラってきたから言い返してやったんだ. ✨








ユゥー.
ユゥー.
  脚長すぎるから, 大っ嫌い. ←









と言うと, 振り返ってこっちに戻ってきた.






すると







ラブホリ .
ラブホリ .
  ごめんね.






と謝ってきたから許しちゃった.




だから, 手を繋いだんだ♪












_____ NEXT.



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mash
mash
更新...こうしん...こうしん!?
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る