無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

サバナクロー寮がグルだった!?
《中庭》
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
シシシッ!4人がかりでそんなもんスかぁ?大したことないッスねぇ
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
ぜー、はー、な、なんなのアイツ!?めちゃくちゃすばしっこい!
デュース・スペード
デュース・スペード
はぁ、ただ足が速い、というより、はぁ、高低差を飛び越える能力が尋常じゃないな
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
ラギーってハイエナだからな
グリム
グリム
ふなぁあぁ……オレ様でも追い付けないなんて……
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
シシシッ!こんなんスラムの裏道に比べたら余裕ッスよ
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
つかさぁ、もしここでオレを捕まえたってアンタらオレが犯人って言い切れなくないッスか?
デュース・スペード
デュース・スペード
なんだと?
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
だって、オレが怪我させたって証拠、ないッスよね。誰かオレが魔法使ってるとこ見たんスか?
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
そんで、それ写真に撮ったりしたんスか?してないッスよねぇ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
うぐっ…そ、それは……
ユウ
ユウ
た、確かに……でも卑怯な……
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
卑怯者?褒め言葉ッスわ
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
シシシッ!次にオレを追い回す時には証拠揃えてから来てくださいッス
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
ま、君たちじゃ次も無理だろうけど
グリム
グリム
ううう……悔しいんだゾ〜
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
んじゃ、今日の追いかけっこはここまで
ラギー・ブッチ
ラギー・ブッチ
あ、さっき盗ったマジカルペンはここに置いとくッスよ。ばいばーい♪
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
くっそ〜!腹立つ〜!
デュース・スペード
デュース・スペード
ローズハート寮長に首をはねられる……
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
まあ、証拠揃えられなかったんだからしょうがないな
ユウ
ユウ
まだなにかするつもりなのかな…
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
てめーら、まだ懲りずに犯人探しやってんのか
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
んだよ、見てたんなら手伝えよな。おたくんとこの先輩、超悪いヤツなんですけど?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
お前ら、何故そんなに他人のために必死になれる?
デュース・スペード
デュース・スペード
他人のため?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
怪我したダチの仇討とうって気持ちはわからなくもねぇが…
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
は?なにいってんの?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
え?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
だーれが他人のためなんかにやるかっつーの
デュース・スペード
デュース・スペード
僕たちはこの事件の犯人を捕まえて手柄を立てたいだけだ
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
そーそー、あわよくばマジカルシフト大会の選手枠に入りたいし。で、世界中にイイとこ見せたい
グリム
グリム
オレ様だって、絶対アイツを捕まえてテレビに映ってやるんだゾ!
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
トレイ先輩には悪いけど出番はイタダキ、みたいな?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
ハッ!他人のために動くようなヤツは信用ならねぇと思ってたが……
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
お前ら、思ってたよりひでぇ奴らだな
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
なんだよ。オレらよりお前のほうがひでーじゃん、!その様子じゃ知ってたんだろ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
アイツが事件の犯人だって
グリム
グリム
あっ!そうか、同じ寮だから『自分は狙われない』って言ってたのか?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
……………オイ、てめーら。オレと勝負しろ
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
はぁ〜?突然なんだよ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
男が腹割って話すんなら、まずは拳からだろ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
てめーらが口だけの輩じゃないと俺に証明できたら、俺が知ってる話を教えてやってもいい
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
げっ、オレそういう汗臭いの苦手なんだけど
デュース・スペード
デュース・スペード
俺はそういうの嫌いじゃねぇぞ。わかりやすくていいじゃねぇか!
グリム
グリム
ふな"っ!?デュースのワルスチッチが入っちまったんだゾ!
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
なんでいつもいつもこうなるのかなぁ…
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
うおおおおあ!!
デュース・スペード
デュース・スペード
おらあああ!!
ドガッ!
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
はぁ、はぁ……な、なかなか鋭いの打ち込みやがる……
デュース・スペード
デュース・スペード
はー、そっちこそ……はー、やるじゃねぇか……
グリム
グリム
オマエのパンチ、オレ様のハートに響いたんだゾ……
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
おいおい、グリムまでどうした
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
ぜー、はー……お前ら空気に飲まれすぎじゃね?もう選手枠とかどーでもいーね……しんど……
ユウ
ユウ
うわぁ…みんなボロボロだね
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
……よし、これでケジメはついた。俺の知ってる事は話してやる
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
ケジメって、なんのケジメだよ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
俺自身の心のケジメだ。所属寮を裏切ることには違いねぇからな
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
だが、俺はもう我慢ならねぇ!!
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
どんなに強い相手だろうが、自分自身の力で挑んでこその勝負だろ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
今回の大会だって、俺は自分がどこまでやれるのか挑戦するつもりで自分を鍛えてきた
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
卑怯な小細工なんて反吐が出る!そんな勝利になんの意味がある?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
俺は、自分自身の力で勝ち上がってテッペン獲ってやりたかったんだ!
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あ、こいつスゲー面倒くさい奴だ
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
不正が許せないってわけじゃないんだな
デュース・スペード
デュース・スペード
わかる!俺はわかるぞ!!その気持ち!!
グリム
グリム
コッチにも面倒くさいヤツがいるんだゾ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
ラギー先輩のユニーク魔法は……
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
『相手に自分と同じ動きをさせることができる』ものだ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
操りたい相手と同じ動きをすることによって、本人の不注意にみせかけて事故を起こしてきた
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
なるほどね。だから食堂ではバレないようにグリムと同じ動きをしてパンを交換したってわけか
グリム
グリム
クソ〜!その話が出るたび腹が立つんだゾ!食べものの恨みは恐ろしいんだゾ!
デュース・スペード
デュース・スペード
でも、待てよ
デュース・スペード
デュース・スペード
ターゲットのそばで階段から飛び降りるような動きをしたら、すぐ怪しまれそうなものじゃないか?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
一連の事件は、ラギー先輩が単独でやってるわけじゃねぇ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
おそらく、サバナクロー寮の奴らほとんどがグルだ
グリム
グリム
ふな"っ!?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
そいつが言うようにターゲットのそばで変な動きをしていれば目立つ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
だから、寮生どもがラギー先輩の壁になって目立たないよう誤魔化してるんだと思う
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
寮ぐるみの犯行ねぇ……
デュース・スペード
デュース・スペード
どうしてそんなことを…?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
んー、マジカルシフト大会での順位や活躍ってかなり将来に響くんだろ?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
だったら気持ちはわからなくもないけど
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
グルルル……!
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
うわ恐っ!歯ぁ剥き出して唸るなよ、冗談じゃん
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
フン!将来より今だろ。今の自分の実力見せつけなきゃ意味ねぇだろうが
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
(わぁお、ジャックの唸り声やっば……こぇぇ。さすがオオカミ)
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
俺が特に気に入らねえのは、寮長、レオナ・キングスカラーだ!
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
アイツはすごい実力があるはずなのにちっとも本気を出しやしねぇ
グリム
グリム
確かに、アイツダラダラしてるのにめちゃくちゃ強かったんだゾ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
だろ!?せっかく持っている力を何故磨かない!?俺はそういうヤツが一番嫌いだ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
3年前、レオナ先輩が大会で見せたプレイは本当に凄かった
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
だから、俺はこの学園に入れて……
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
サバナクロー寮に入って、あの人と本気でマジフトの試合がやれるんだと思ってたのに……
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
あのさー、リムル((コソッ))
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
コイツ、さっきからずっと自分トコの寮長に文句言ってるようでいて……((コソッ))
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
実はすっごく尊敬していたんだろうな……((コソッ))
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
今までの事件は、奴らにとって行きがけの駄賃みたいなものだ。奴らはもっと大きなことを目論んでる
デュース・スペード
デュース・スペード
大きなこと?
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
『ディアソムニア寮寮長、マレウス・ドラコニアだ』
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
ヤツは、バケモノ並のパワーでディアソムニア寮を2年連続優勝に導いた
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
そのせいでサバナクロー寮は無得点のままトーナメント初戦敗退。先輩達はそれに恨みを持ってる
デュース・スペード
デュース・スペード
無得点で初戦敗退…優勝常連寮としてはさぞ悔しかっただろうな……
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
ああ。世界中が注目する中、大恥をかかされたわけだ
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
先輩たちはその雪辱を果たそうとしている。しかも、卑怯なやり方で
リムル=テンペスト
リムル=テンペスト
大会当日、ディアソムニア寮になにか仕掛けるつもりってことか
ジャック・ハウル
ジャック・ハウル
そうだ。だから、俺はその計画をぶっ潰す!
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
話は聞かせてもらったよ
デュース・スペード
デュース・スペード
ローズハート寮長、ダイヤモンド先輩!
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
伝統ある大切な行事を汚そうだなんて、許せないな
ケイト・ダイヤモンド
ケイト・ダイヤモンド
どうする?リドルくん
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
今までのラギーの犯行も証拠がない以上、断罪することはできない
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
狡賢いレオナ先輩たちのことだ。今告発してもうまくかわすだろう
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
つまり犯行現場を押さえるっきゃない、ってこと?
リドル・ローズハート
リドル・ローズハート
ボクに考えがある。まずは…………
----------------------------------------------------------
作者☆
作者☆
ここまで!!
作者☆
作者☆
次回お楽しみに!
作者☆
作者☆
アディオス!!( -`ω-)b