無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

831
2021/03/27

第20話

や っ ぱ り 君 を

久しぶりの小悪魔ちゃん出てきます(











れんくんを避け始めてやっぱり自分でも苦しくなる

)れんくん、あなたちゃんなんかやめて私にしたら?

腕なんか絡めて酷いのは胸をれんくんの体に押し付けていること

胸なんかで落とされる男なんかじゃない

蓮くんのことを知ってるのは私だけだ、って避けていても

心では感情は抑えきれない

都合が悪く私のクラスのドアの前で話していることだから

気まずい雰囲気で通らなければ、、、
ラ ウ く ん
ラ ウ く ん
あなた、何してんの
ドアの前で止まっている私を疑問に思ったのか顔を覗き込んでくる
雪 原
雪 原
あぁ、あれ、笑

彼らを指さすとなんなとなく察してくれた
ラ ウ く ん
ラ ウ く ん
俺が隠して一緒に入る?
雪 原
雪 原
え、、お願いしたい、
もちろん答えはYes

断ったら私はずっとドアの前にいたかもしれない





ラウくんの大きい背中に身を任せてなんとか教室に入れた
雪 原
雪 原
はぁ良かった、ありがとう、ラウくん
ラ ウ く ん
ラ ウ く ん
いいえ、何かあったら相談してねぇ、





…やっぱり幼馴染って特別なものがあるな

実感した今日この頃。












蓮 く ん
蓮 く ん
(なんか俺避けられてる?)