無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

14


朝ごはんを終え、洗い物をしていると、

後ろからジョングクさんに抱き付かれた。

you
どしたんですかー?


洗い物を続けながら聞く。

ジョングク
明後日から宿舎で暮らすんだ


んんん?????

突然の Coming Out にびっくり。

you
えぇ、??
聞いてないですよ?!
ジョングク
うん、言ってない笑


おいおい、笑えんぞ??😇←

どーすんねん。

ジョングク
だから今日、ひょん達に会い行こ!
you
きゅ、急だね笑
ジョングク
だめ、、、?


あの例のうさぎ顔で上目遣いしてます。

そんなんされたら、、、ねぇ?

即答でおっけーするよね??←

you
行きます。
ジョングク
分かった!
終わるの待ってるね!


るんるんで離れていきました。

本当にあの方、私より年上ですか???


しばらくしてから、洗い物が終わり、

ソファで待っているジョングクさんのもとへ。

you
終わりましたよ、


後ろから顔を覗きこむ。

と、

ジョングク
んふふ、待ってた


そのままほっぺにちゅってされました。

you
っ、///
ジョングク
準備して行こー!!


数十分後、

着替えやメイクを済ませ、車にのりこむ。

そしてBTSの宿舎へ、、、

ジョングク
あー、ここかぁ
you
すごい綺麗✨
ジミン
あ、ジョングガぁ~!


車を降りてすぐにジミンさんが駆け寄って来た。

そのままジョングクさんと抱き合っている。

ジョングク
ひょん~


ジョングクさんも嬉しそうに笑っている。

本当に仲良いんだなぁと見ていると、

テヒョン
ジョングガー!!って、あれ??


高身長の眼鏡をかけた男性が走ってきた。

そして、私を見て不思議そうな顔をしている。

ジョングク
あ、あとで説明しますから!笑
ジミン
皆待ってるから入ろ!!


なんとなーく、上手い感じに流されそのまま中へ。


ガチャッ


ジン
やぁ、ジョングガ!待ってた、、、ぞ


肩幅の広いこのお方も私を見てびっくり。

その他、3人もびっくりした様子。

you
は、はじめまして、、、


一応、挨拶をしておく。

ジョングク
ひょん達に集まって貰ったのは、、、
ジョングク
僕の彼女を紹介するためです


たくさんの男性を前に緊張を隠せない。

ジョングクさんの後ろに隠れたまま

ジョングクさんの話を聞いてたけど、、、



沈黙が流れる。

私も流石にびっくり。

会った30秒後に言われるなんて思わんやん?

ユンギ
、、、は?


んん、まぁ、そうなりますよね??

名前知らないけど、、、怖そうなお方。←

ジミン
え、付き合ったの?


え、ジミンさんも聞いてない感じ??

ホソク
彼女、、、?
ジョングク
そうです


再び沈黙。

テヒョン
おめでと!!ジョングガぁ!!


高身長の眼鏡をかけたお方がそう言うと、

その他の人達も一気に声を上げた。

ジン
やぁ、知らなかったぞ!!
ジミン
ジョングガぁ♡おめでと!!
ユンギ
よかったな
ホソク
びっくりだけど、おめでと!
ナムジュン
びっくりしたなぁ、おめでとう
ジョングク
ありがとうございます笑


ん?

ついていけてないぞ~??

テヒョン
何て言うの?名前、
you
ぱ、パク あなたです
ジン
あなたちゃんかぁ
ホソク
よろしくね!
ジョングク
ひょん、とらないでくださいね!
ナムジュン
いや、、、でも、可愛いな
you
っ、///


真剣な顔してそんなこと言わないでください←

ジョングク
あぁ、もうひょん達~
ユンギ
確かに可愛いな
ジミン
ユンギひょんが言うのは珍しい!笑
テヒョン
らいおんさん好きー?
ホソク
ジョングクのどこが好きなの??笑
ナムジュン
もう何日たつんだ?
ジン
ごま油好き??


そこからは質問攻めで軽く言って死にました。

でも、これからこの人達とつるんでいくなら

どんな生活が待っているのでしょうか、、、

間違いなく楽しいそう!!

この時の私はあんなことが待っているなんて

思ってもいなかった、、、。





























読んでいただきありがとうございます🙇

これからもよろしくお願いします!

では、あんにょーん!