無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

会議
地下基地脱出から2日後
(なまえ)
あなた
メイズさん
メイズ
メイズ
なんだ?
(なまえ)
あなた
トップ3を交えて会議をしたい。
(なまえ)
あなた
そろそろ行動をする時だと思うんです。
メイズ
メイズ
分かった。
君の勘には何度も助けられているからな。
メイズ
メイズ
集合するように手配しておく
アジトにて
(なまえ)
あなた
みんなに連絡がある。
ホア
ホア
何?
(なまえ)
あなた
トップ3を交えて会議をすることになった。
マイケル
マイケル
あぁ、その件は俺には伝わってる。
恐らくナンバー2にも既に伝わってるだろう。
________________________________________...
翌日
(なまえ)
あなた
皆さん揃いましたか?
メイズ
メイズ
いや、まだナンバー2が来てない
(なまえ)
あなた
集合時間にはもう遅れてるんですよ...?
マイケル
マイケル
奴はマイペースだから、許してやってくれ
(なまえ)
あなた
(ナンバー2だからと言って遅刻が許されるのか...?)
その時、会議室の扉が開いた
エグリット
エグリット
いやぁ、すまない。
また遅れちゃったよ。
エグリット
エグリット
ん?
君たちは誰だ?
他の3人に気が付いた
メイズ
メイズ
エグリット、彼らはマザーシップの発見、地下基地脱出などに力を尽くしてくれた。
エグリット
エグリット
なるほど...
マザーシップの発見には感謝している。
そして、メイズとマイケルを無事帰還させてくれてありがとう。
(なまえ)
あなた
(メイズとマイケルだって...?フン、他の仲間は眼中に無いってかよ...)
あなたはエグリットにあまり好印象を持てなかった
メイズ
メイズ
では会議を始める
メイズ
メイズ
まずはエグリット、君に感謝をしたい。
私達が地下基地に行ってる間、よくこの基地を支えてくれた。
感謝するよ。ありがとう。
エグリット
エグリット
お褒めの言葉をありがとうございます。
メイズ
メイズ
では本題に移ろうか。
あなた頼んだぞ。
(なまえ)
あなた
はい。
(なまえ)
あなた
私達はマザーシップへの潜入を行いたいと思っています。
エグリット
エグリット
ほう。
それは何故かね?
(なまえ)
あなた
地下基地では、5人、いや4人の裏切り者を消しました。
「レッドパピヨン」への情報流出も防げたと思うので新たに行動するなら今かと。
エグリット
エグリット
なるほどな...
(なまえ)
あなた
(あまり興味がないのか...?
最悪の場合俺らは生き返れるからやり直しは効くが...)
エグリット
エグリット
分かった。
私はそれでも良いと思うが、他の皆さんの意見は?
メイズ
メイズ
エグリット以外はみんな賛成だったと思うが。
エグリット
エグリット
なるほど...
確かに私以外はあなたと行動を共にしていたからね。
メイズ
メイズ
ではマザーシップへの潜入は決定した。
メイズ
メイズ
詳細を決めよう。
(なまえ)
あなた
決行日は1週間後です。
マザーシップから出される電波を解析して作り出された特殊な電波を放てるステルス機を使用して向かおうと思ってます。
特殊な電波はマザーシップから放たれる電波と同調し、相手側のレーダーに感知されません。
(なまえ)
あなた
行くメンバーは
あなた
ホア
マイケル
ライズ
の4人で良いでしょうか?
メイズ
メイズ
私は異議はない。
エグリット
エグリット
私もだ。
ホア
ホア
私もそれで大丈夫です。
マイケル
マイケル
俺もだ。
ライズ
ライズ
俺もです。
(なまえ)
あなた
ではこれで決まりですね。
メイズ
メイズ
健闘を祈る
________________________________________...






















































ジャック・コイル
ジャック・コイル
マザーシップへの潜入か...
裏切り者も消せたと思っているようだが考えが甘かったみたいだな。
組織を裏切ったライズも居るなんてな...
生け捕りにして情報を吐かせてやる!!