無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

炙り出し
(なまえ)
あなた
今、地下基地に居る人をまとめよう
マイケル
マイケル
そうだな
(なまえ)
あなた
あなた

マイケル

ホア

メイズ


ギア

トリニティ

ニュー

トップ

ライズ
ホア
ホア
その9人ね
マイケル
マイケル
この中に裏切り者がいるのだな
(なまえ)
あなた
その説が濃厚だろう
(なまえ)
あなた
5人を1つの部屋に集めて閉じ込めるか...
マイケル
マイケル
何を考えてるか分からないが何かしらの策はあるみたいだな。
(なまえ)
あなた
あぁ。
________________________________________...
(なまえ)
あなた
メイズさん、また頼みがあるのですが...
メイズ
メイズ
なんだ?
(なまえ)
あなた
まず1つ伝えなければならない事があります。
メイズ
メイズ
言ってみろ
(なまえ)
あなた
この軍の中に裏切り者が居ます。
メイズ
メイズ
ッ...!
メイズ
メイズ
なぜそう断言できる?
(なまえ)
あなた
詳しくは話せませんが...
僕の推測です。
「レッドパピヨン」に情報を流してる可能性も否定は出来ません...
メイズ
メイズ
(やっぱり裏切り者は居たのか...)
メイズ
メイズ
(早いうちに潰しておかないと)
メイズ
メイズ
分かった。
何をすれば良い?
(なまえ)
あなた
あなたとホア、マイケル、そしてメイズさんは裏切り者である可能性はかなり低いです。
(なまえ)
あなた
なので他の5人を調べたいです。
メイズ
メイズ
ギアとトリニティ、トップ、ライズ、ニューか...
(なまえ)
あなた
はい。
奴らの中に必ず裏切り者が居ます。
メイズ
メイズ
では奴らを部屋に集めた方がいいか?
(なまえ)
あなた
そうですね。
話の理解が早くて助かります。
「ゾクッ...」
メイズ
メイズ
(なんだ...?この感覚は...)
メイズ
メイズ
(タメ口なのに違和感を感じない...なんだ?それより妙な違和感があるな...威圧感というのか...?)
(なまえ)
あなた
では早速そう取り計らって貰います。
メイズ
メイズ
分かった。
待ってろ
(なまえ)
あなた
ありがとうございます
________________________________________...

あなたの部屋にて
(なまえ)
あなた
メイズさんには話をつけてきた
ホア
ホア
流石ね
マイケル
マイケル
ありがとうよ
(なまえ)
あなた
あとは、奴らが集まるのを待って本性が出るのを待つのみか...
(なまえ)
あなた
(必ず炙り出して見せる...奴らを全滅させるために、壊滅させるために...俺は裏切り者を必ず炙り出す!)
________________________________________...




















「プルルル...プルルル...プルルル...」
・・・
・・・
どうやら奴らが俺の事を炙り出そうとしているみたいだ。
ジャック・コイル
ジャック・コイル
フッ、奴らにそんな事が出来るわけないだろ
・・・
・・・
それは分からないぞ。
奴らはメイズとタメ口で話していた。
ジャック・コイル
ジャック・コイル
なんだと!?
それは大変なことになってきたな...
メイズがタメ口を許すとは...
(よほど信用されてるのか...?それとも脅しているのか...?)
ジャック・コイル
ジャック・コイル
くれぐれもヘマはしないようにしてくれよ。
・・・
・・・
あぁ、分かってるよ。