無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

裏切り
地下基地への移動から1週間後
メイズ
メイズ
全員集会だ!
集まれ!
この地下基地に来たのは

メイズ

マイケル

あなた

ホア

その他5人
メイズ
メイズ
我々はマザーシップの存在を認識、そして確認している。
あとは我々が攻め入るのみ!!
(なまえ)
あなた
いよいよですね
マイケル
マイケル
そうだな
ホア
ホア
えぇ
________________________________________...

「プルルル」
ジャック・コイル
ジャック・コイル
なんだ?
・・・
・・・
地下基地に移動した奴らは全員会議室に集まっているぞ。
ジャック・コイル
ジャック・コイル
そうか、情報提供ありがとうな
「ピッ」

コイルは別の番号に電話をした
ジャック・コイル
ジャック・コイル
どうやら、全員会議室に集まっているようだ。
ジャック・コイル
ジャック・コイル
あぁ、そちらに渡した核は自由に使うがいい。
ジャック・コイル
ジャック・コイル
なんだって!?
核は使わないだと!?
ジャック・コイル
ジャック・コイル
あぁ、あぁ、分かった。
まぁ、その核は君達の物だから自由に使うがいい。
________________________________________...


「ゴゴゴゴ....」
メイズ
メイズ
なんだ?この音は
(なまえ)
あなた
(もしかしてッ!奴らが攻めて来たのか?)
マイケル
マイケル
なんなんだ!?
メイズ
メイズ
お前ら!落ちつけ!
________________________________________...

「プルルル...プルルル...プルルル...」
メイズ
メイズ
(ハッ...)
「ピッ」
メイズ
メイズ
ジャック・コイルッ!!
ジャック・コイル
ジャック・コイル
幸運を祈ってるよ
「ゴオォォォン!!」
ホア
ホア
キャーッ!!
轟音が鳴り響き、絶叫も恐怖も命も一瞬にして吹き飛んだ
「パラパラパラ...」
崩れ落ちる地面


これが死後の世界か、そう思っていたが...



俺は生きていた
(なまえ)
あなた
生きてるのか?
(なまえ)
あなた
メイズさん!マイケル!ホア!
返事は返ってこない
(なまえ)
あなた
(クソゥ...バンカーバスターか...舐めやがって...
こんな地下に穴を開けたような基地、バンカーバスターで一撃だな...)
(なまえ)
あなた
(落下地点は会議室の横か...?爆弾とか核は仕込まれてなさそうだな...)
その時バンカーバスターの本体が光り出した
(なまえ)
あなた
(なんだ?あの閃光は?)
(なまえ)
あなた
(もしかしてッ...!)
その時、本体が32方位、否、64方位、否!、128方位に閃光を放った。
(なまえ)
あなた
レーザーかッ!?
それに気づいた瞬間、128方位に放たれたレーザーは体を貫き、俺は絶命した
(なまえ)
あなた
(誰が情報を流したんだ...?いったいどこから情報が漏れたんだ...?)
あと生き返る回数

        「18」→「17」