無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

音夜君とおトヤ
R音刃
R音刃
こちらが皆大好き、音夜君。僕の男の姿だね。
R音刃
R音刃
これは…昨日からの妄想で出来た姿なんだけど…
R音刃
R音刃
ロー様を取り戻すべく協力することになった音夜が錦えもんの能力で何故か女物を着ることになって…
R音刃
R音刃
それを効率よく使うために持ち前の演技力で女を作り上げた……
R音刃
R音刃
ってのがこのおトヤさん。
R音刃
R音刃
小紫さんより美人だと言われていて…クールで長身で声が低め、化粧をしていないという点で男だと疑われたが…
R音刃
R音刃
「我が男かおなごかはあなた方が決めていいでありんす。でも…我に惚れた、という事実に誤りはないでありんす…」
R音刃
R音刃
と、言い切り女も男も魅了した謎の人として大ブーム!
R音刃
R音刃
あのホーキンスをも惚れさせる美しき舞を披露…
R音刃
R音刃
ちなみに、お供はシャチ君とペン様♡
R音刃
R音刃
この2人も、かっこいいお供として大人気になった…
R音刃
R音刃
…って感じ
R音刃
R音刃
…終わり!