無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
60
2020/03/28

第1話

第一話ː始まり
「こんな世界なんてもう嫌だ...死んでしまいたい。」









親からも見捨てられ、親友も他界して?なんで生きてるかわかんないよ。












それに、私の好きな人にも、振られたしね、

















「はは、気づいたらこんなとこ来ちゃってんじゃん」















私が来たのは学校の屋上。思い出の場所でもあり、私の最後の場所。



















「さよなら世界。やっと楽になれる__」














最後くらいお気に入りの服で死ねばよかった。なんて後悔ももう遅い。

























身を投げ出して、数秒。

























私の意識は暗くなっていった___