無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

234
2019/09/07

第12話

12 .
あなた s i d e







し ば ら く し て 、 車 は あ る 場 所 に 停 車 し た 。


そ こ は よ く 、 こ う 言 わ れ て い る 場 所 だ っ た 。











“ 恋 が 実 る 海 ”





略 し て 、 恋 海 。










大 貴 く ん が 止 ま っ た 場 所  。















恋 海 ··· ?





な ん で 、?





あ な た
大 貴 く ん  、
有 岡 大 貴
ん 、?
あ な た
な ん で こ こ  ?
有 岡 大 貴
は は っ 、 気 持 ち わ る い か 、






海 を ず っ と 見 つ め て い る 大 貴 く ん 。


そ こ に 夕 日 が 綺 麗 に 入 り 込 む 。



す る と 、 い つ も と は 全 く 違 う 大 貴 く ん が い た 。



こ ん な に 横 顔 が 綺 麗 な 人 が い る の だ ろ う か 。








そ し て 、 ク シ ャ ッ と し た 顔 で 笑 う 。



有 岡 大 貴
俺 ね 、 女 の 子 連 れ て さ 、 2 人 で 、 

こ の 景 色 を 見 た か っ た わ け 、 ( 笑
有 岡 大 貴
で も さ 、 こ ん な 俺 に は 女 の 子 す ら 近 寄 っ て く な く て 、
有 岡 大 貴
君 が い て く れ て 良 か っ た よ 。
有 岡 大 貴
あ り が と う


大 貴 く ん の 頬 に 雫 が こ ぼ れ お ち た 。



ど う す れ ば い い の か 分 か ら な い






で も 、 体 が 勝 手 に 動 い て た 。




有 岡 大 貴
え っ 、 あなた ···  ち ゃ ん ?






抱 き 締 め て た 。


大 貴 く ん を 。

あ な た
敬 語 禁 止 令 で す 。
有 岡 大 貴
君 こ そ 。



大 貴 く ん が 笑 う 。









そ し て そ こ に 私 は キ ス を し た 。















大 貴 く ん は 嫌 が ら な か っ た 。
む し ろ 、 私 の 下 手 く そ な キ ス を 返 し て く れ た 。
こ れ が 大 人 の キ ス だ よ っ て 教 え ら れ て い る よ う に 。



時 が 止 ま る 。




思 い が 増 す 。




好 き っ て 言 わ な く て も 伝 わ っ て る 気 さ え し た 。





も う 何 も い ら な い 。








こ の 人 さ え い れ ば っ て 。









唇 を 離 す 。








す る と そ こ に は 白 い 糸 。









誓 い 合 う よ う に 見 つ め あ っ た 。












あ な た
好 き  、 で す  。
有 岡 大 貴
知 っ て る 。
あ な た
え え っ
有 岡 大 貴
俺 も 好 き だ よ あなた
あ な た
ん ふ 、











そ し て 、 2 人 は 重 な り 合 っ た ── 。



































雪 の 降 る 海 辺 で 。