無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

215
2019/09/10

第14話

14 .
有 岡 s i d e




1 分 2 分 3 分 ··· 。



ど ん ど ん と 病 院 へ 近 づ い て い く 。



走 り な が ら 思 っ た







病 院 っ て ?

あなた っ て 病 気 だ っ た っ け ?

い や 、 あ ん な 元 気 な ん だ し ?







病 院 っ て ?


有 岡 大 貴
あなた ···  !



早 く 病 院 に 着 い て 、 あなた の 顔 を 見 た い 。


で も 、 “ す っ ” と 頭 に 不 安 が よ ぎ る 。




事 故 ··· ?



い や い や い や 、 そ ん な あなた バ カ じ ゃ な い か ら 、 ( 笑

有 岡 大 貴
あ 、 着 い た 。


変 な 事 を ず っ と 考 え て い る と 病 院 へ す ぐ に 着 い た 。


そ こ は 大 き な 大 き な 病 院 。


思 い 病 気 を 持 っ て そ う な 人 が 沢 山 い る よ う な ··· 、


ダ メ だ ! 俺 ! さ あ 、 行 く ぞ !







気 合 い を 入 れ 、 あなた の お 母 さ ん に 聞 い た 病 室 へ 。




有 岡 大 貴
失 礼 し ま ···  。
伊 野 尾 慧
あ 、 大 ち ゃ ん  。
急 展 開 す ぎ る 。




い の ち ゃ ん ?


え 、 ど う し て 、


元 カ レ で し ょ ?


今 カ レ 正 真 正 銘 の 俺 だ よ ?





あなた の 病 室 に い た の は あなた の お 母 さ ん で は な く 、 い の ち ゃ ん た っ た 1 人 。
そ し て 、 い の ち ゃ ん は あなた の 手 を 握 っ て い る 。




あなた は 意 識 不 明 で 眠 っ て い た 。

有 岡 大 貴
あなた は 、··· ?
伊 野 尾 慧
あ 、 知 ら な い で し ょ ?
有 岡 大 貴
は  、 何 を だ よ
伊 野 尾 慧
あなた は 病 気 。

余 命 も 短 い の 。


そ の 場 で 立 ち す く ん だ 。



あなた 元 気 だ っ た よ ?

気 分 悪 そ う な 事 す ら な か っ た よ ?




い の ち ゃ ん に 問 い か け た 。


有 岡 大 貴
で も 、 元 気 そ う だ っ た し
伊 野 尾 慧
あ れ は 、 無 理 し て た 。
伊 野 尾 慧
実 は 俺 が あなた を 振 っ た 理 由 が こ れ 。
伊 野 尾 慧
悲 し く な り そ う で 無 理 だ っ た ん だ 。
伊 野 尾 慧
で 、 今 、 あなた の こ と が 心 配 に な っ て 現 れ た っ て わ け 。
伊 野 尾 慧
だ っ て ね 、あなた の 余 命 、
伊 野 尾 慧
こ と し の 4 月 。
伊 野 尾 慧
つ ま り 、 高 校 を 卒 業 し た 日 だ っ た ん だ よ ?