無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

204
2019/09/12

第16話

16 .
あなた s i d e


目 覚 め た 時 。
隣 に い た の は 大 貴 く ん で し た 。

きっ と 、 バ レ て る ん だ ろ う な 、 隠 し て た の に 。


た ま に 苦 し く な っ た り し た け ど 、 我 慢 し て 笑 顔 見 せ て た 自 分 が バ カ み た い 。











ご め ん ね 、 大 貴 く ん 。
出 来 れ ば 君 と は 出 会 い た く な か っ た 。
“ 死 ぬ ” っ て 分 か っ て た か ら 。
で も 、 大 貴 く ん が 優 し く す る せ い で 、 可 愛 い せ い で 、 私 は 君 に ど ん ど ん 惚 れ て い く 。
ダ メ っ て 分 か っ て て も 。












目 の 前 で 眠 っ て い る 大 貴 く ん 。
夜 遅 か っ た し 、

愛 お し か っ た 。 こ ん な に も 人 生 で 愛 し た 人 が い る の だ ろ う か 。


君 の 瞳 を み る 。 悲 し そ う だ っ た 。 夢 の 中 に 私 い ま す か ? な ん て 聞 い て み る 、


時 に は 、 す っ ご い 嫌 そ う な 顔 し た り 。

そ し た ら ね 、 苦 し そ う な 顔 し た か ら つ い 、 大 丈 夫 だ よ っ て 頭 ぽ ん ぽ ん し ち ゃ っ て 。



有 岡 大 貴
…… 、 あなた  ··· ?
あ な た
起 こ し ち ゃ っ た 、 ご め ん ね 、


笑 っ て み せ る 。 き っ と 、 大 貴 く ん も 笑 っ て く れ る で し ょ ?



で も



実 際 は 真 逆 だ っ た 。
大 貴 く ん が 真 剣 な 表 情 に な る 。



覚 悟 し た 。 振 ら れ る っ て 。
こ ん な 体 だ も ん ね 。 背 負 え な い よ 。 私 だ っ た ら 振 る も ん 。



さ あ 、 大 貴 く ん 。 振 っ て ?
君 が 言 う な ら 傷 つ か な い か ら 。
有 岡 大 貴
ね え 、 る る 、
あ な た
な ー に ?
有 岡 大 貴
好 き 
あ な た
う ん 、 私 も 
有 岡 大 貴
だ か ら 、
あ な た
う ん 、
有 岡 大 貴
死 な な い で ね
有 岡 大 貴
俺 を ひ と り ぼ っ ち に し な い で ね



は …… ?






振 っ て よ 、 振 っ て よ !!

重 い で し ょ !? 邪 魔 で し ょ !? 彼 女 だ っ て す ぐ 出 来 る で し ょ !?

そ ん な 悲 し い こ と 言 っ た っ て 、 余 命 に は 逆 ら え な い の 、

私 だ っ て 死 に た く な い も っ と 大 貴 く ん と い た い 。





有 岡 大 貴
あなた 。
あ な た
ん 、
有 岡 大 貴
俺 と 結 婚 し よ 。







大 貴 く ん 。

バ カ 。

こ ん な 人 が 大 勢 い る 所 で 。


ほ ら 、 普 通 さ 公 園 の ベ ン チ と か で 2 人 の 時 と か 。


最 後 の 最 後 ま で あ り え な い ね 。 可 愛 い け ど 。




振 っ て よ 。 ね え 。 私 も 耐 え ら れ な い よ 。 死 に た く な く な る よ 。大 貴 く ん に 会 う 前 は 慧 に 振 ら れ て 、 も う 、 死 ん で い い や っ て 思 っ て た の に 。

あ な た
私 ··· 、 な ん か で い い の ···  、?
有 岡 大 貴
あなた が い い 。
有 岡 大 貴
大 好 き 。
有 岡 大 貴
君 と 出 会 っ て 、 素 敵 な 毎 日 だ っ た 。
有 岡 大 貴
こ れ か ら も
有 岡 大 貴
幸 せ で い た い
あ な た
私 、 死 ぬ よ ?
有 岡 大 貴
大 丈 夫 、あなた は 死 な な い か ら
あ な た
…… え ?
有 岡 大 貴
強 い も ん 


根 拠 め っ ち ゃ く ち ゃ 。 そ こ も 大 貴 く ん だ ね 。

私 も 大 好 き だ よ 。 ず っ と 、 一 緒 に い よ う ね 。






────────────


“ 婚 約 し た 私 た ち ”



「 好 き だ よ 」
「 私 も ず っ と 好 き 」




一 生 の 愛 を 誓 い ま し た 。








外 は 雪 が ち ら つ い て い た 、 ら し い で す 。