無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

30
侑李
侑李
裕翔達、大丈夫かな……
圭人
圭人
心配だよね……
光
あ、宏太から電話来た!
侑李
侑李
なんだって?
光
もしもし?宏太、どうなったの?
宏太
宏太
俺達は大丈夫だ、でも、慧が倒れた。
光
え?!倒れた?!
侑李
侑李
え?どういう状況?
宏太
宏太
腕にロウソクのろうを垂らされてたのと、首元に傷があった。
光
えっ……それってやばいよね…
宏太
宏太
とりあえず、病院に来い。
光
分かった、今すぐ向かう!
圭人
圭人
ど、どうしたの?
光
慧君が倒れたんだって、腕にロウソクのろう垂らされてたし、首元に傷があったみたい……だから今から病院行くよ!
侑李
侑李
わ、分かった!
光
あ、圭人は家で待機してて?子供産んですぐに動いちゃダメだから。
圭人
圭人
分かった!あ、大ちゃんの事、見てようか?
侑李
侑李
でも、優愛ちゃんがいるでしょ…?
圭人
圭人
いいから、早く行きな。雄也の事も任せて!
雄也
雄也
俺、待ってる!
侑李
侑李
じゃあ、大貴の事よろしく!なんかあったら電話してね!
光
雄也のこともよろしく!状況が分かったら電話するね!
圭人
圭人
うん!気を付けてね!