プリ小説

第2話

2話
〜としみつside〜
としみつ
………ふぁ〜((欠伸
もう朝だ。
スッキリ眠れた気がする。


カンタはもう起きてんのかな

見に行こ。
としみつ
(……ん…?…え?!あれ?)
何これ……起き上がったはずなのにめっちゃ目線低い…
としみつ
ワン!(おーい!)
!?

ワン!?


って、え!?

俺犬になってね!?


え、何これどういう状況?!


まだ夢の中とか…?
でも、感覚しっかりしてるし全部はっきりしてる…

何でこんなことになってんの?












取り敢えずカンタの所に行ってみるか。
まだ誰も起きてないよな…?

見つかったらかなりやばい。



ゆっくり誰もいないか確認しながらカンタの部屋に向かった。
としみつ
クゥーン(おーい(小声))
あ、小声でいうとそうなるのね。

犬って難しいな。



それはさておきこれどうやって扉開ければいいんだ?




ん?あ、少し開いてるから手でやれば開くかな


手で扉を開けると少し隙間ができて無事入れた。
としみつ
ワン!(カンタ起きてる?)
まだ起きてないか。

あれ?でも、布団の中にいる気配が…………


気になり枕元をのぞき込むと、
としみつ
(カンタ!?え、えぇ!)
そこに居たのは人間ではなく犬だった。
カンタ
ん……?
としみつ
(あ、起きた!)
カンタ
(……え?なんで犬がいるの?)
あ、そうだ。俺も犬だった。

ってそこじゃなくて!
としみつ
(お前も犬だよ)
カンタ
(え………え!?)
やっと気づいたのか突然飛び起きた。
カンタ
(え!うわ、ほんとだ!?)
としみつ
(犬同士だと声?出さなくても喋れるんだな)
カンタ
(あ、本当だ)
どうやら、人間に何か喋りかける時や威嚇する時など、特別な時以外は声を出さずに喋れるらしい。


犬ってめっちゃいいな。
としみつ
(これ、他のやつに見られたらまずくない?)
カンタ
(そうだね、戻れるまではどこかに隠れてる?)
としみつ
(おう)
俺たちは後輩たちに見つからないように人間に戻るまで隠れる事にした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☞ユメ☜
☞ユメ☜
YouTuberが好きなJCです。 主にYouTuberの小説を投稿しています。 東海オンエア(としみつ)と水溜りボンド(カンタ)が大好きなのでそこが中心的な小説が多くなってしまうかもしれません。 日本語がおかしかったりストーリーがおかしかったりする時があると思いますが、 甘めに見てください。苦笑 お気に入り押してくれた人ありがとうございます!! 成る可く皆が楽しめるような小説にしようと 心掛けてますが主が好きな感じの小説ばかりになってしまうかも😅 それでも読んでくれる人本当にありがとうございます🙇‍♂️ コメントしてくれる人も本当にありがとうございます🙏 〜LOVE〜 ❤️東海オンエア《としみつ》 ❤️水溜りボンド《カンタ》 🔷カリスマブラザーズ《ジロー》 🔷パオパオチャンネル 🔷北の打ち師達《ふぇると》 🔷アバンティーズ《エイジ》 🔷スカイピース 🔷Fischer's 🔷すしらーめん《りく》 🔷SLH《YUMA》 🔷よかろうもん《Yudai,Masaru》
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る