無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

Taurus 6
 竈門くん達と会って2日後。
星影 (なまえ)
星影 あなた
えっ,稽古をつけて欲しい?
炭治郎
炭治郎
はい!あなたさんが強いというのは何となく知っているので,是非お願いしたいのですが……
星影 (なまえ)
星影 あなた
うーん🤔
 竈門くんはこうして私が藤の花の家紋の家で暇していると話しかけてくる。会った初日は辿々しかったけどね。この子はなかなか人と打ち解ける才能があるらしい。
炭治郎
炭治郎
だめですかね?
星影 (なまえ)
星影 あなた
だめって訳じゃないんだけど
 竈門くんも肋骨が折れてるからあまり無理させたくないんだよね。どうしようかな。
炭治郎
炭治郎
肋骨のことなら大丈夫ですよ!痛くならない方法を見つけたので!
星影 (なまえ)
星影 あなた
へぇ…
 それなら大丈夫そうだね。
星影 (なまえ)
星影 あなた
じゃあ少しだけね
炭治郎
炭治郎
ありがとうございます!!
 木刀を持って庭に移動する。
星影 (なまえ)
星影 あなた
じゃあ基本的な打ち合いから
炭治郎
炭治郎
お願いします!!
 ちょっとした稽古が始まった。