無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

Aries 1
 刀鍛冶の里に行ってから,1か月後。鎹鴉から山を3つ越えたところに鬼が出ると任務が言い渡された。朝方に出発したのに遠いからか,すでに戌の刻を過ぎていた。
鬼
グァァァァァァァ!!!
星影 (なまえ)
星影 あなた
あっぶな……
 木の後ろから数体出てくる。ざっと十ぐらい?
星影 (なまえ)
星影 あなた
おかしいな…鬼は群れないはずなんだけど
 とりあえず呼吸を使って……
星影 (なまえ)
星影 あなた
漆ノ型 星群光斬
 数多の斬撃で鬼を一掃する。どうやら森の奥の方で鬼が湧いてるらしい。先を急ぐべく駆け出した。