無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

star1
 今日も任務がある。鎹鴉かすがいからすに伝えられた通りに西へと向かう。走りながら上を見上げれば、キラキラと星が輝いている。早く終わらせて星空を観察しようっと。
鬼
グルルァァァァ!!!!
星影 (なまえ)
星影 あなた
よっと
 茂みから鬼が出てきてすんでの所でよける。今のところは鬼は一体。手が掛からなそうで少し安心。
鬼
ニンゲン、ニンゲン!!
星影 (なまえ)
星影 あなた
めんど…
 鬼から寄ってきたから助かるけど、攻撃が雑すぎて避けるのがめんどい。呼吸使った方が早いか。
星影 (なまえ)
星影 あなた
星の呼吸 ノ型 流星天
 ノ型は、流星が一瞬で消えるような瞬足的な斬撃。頸を斬れば灰になり消えていく鬼。報告ではもう少しいるはずなので、ここら辺を捜索することに。
星影 (なまえ)
星影 あなた
星、綺麗だなぁ〜
 星はまだ輝いていた。