無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

star5
 蜜璃ちゃんとの任務帰り。何か食べていこうと言うことで、蜜璃ちゃん行きつけのとこで食べることにした。
星影 (なまえ)
星影 あなた
蜜璃ちゃんとこうやって何か食べるの久しぶりだね
甘露寺
甘露寺
そうですね!こうしてあなたさんと食べれて嬉しいです!!
星影 (なまえ)
星影 あなた
そう?私も嬉しい(*´ー`*)
甘露寺
甘露寺
(キュン❣️あなたさんの笑顔可愛いわ〜)
 2人で天丼を食べながら会話をしている。いつの間にか食べ終わってたんだけど、蜜璃ちゃんは結構食べるからね〜ずっと見てたいんだけどせっかくだから、鎹鴉かすがいからすに伝言をしてある人を呼んできてもらおっと。
伊黒
伊黒
俺のところに鎹鴉を飛ばしたのはやはりあなたか
星影 (なまえ)
星影 あなた
意外と早かったですね
伊黒
伊黒
呼ばれたら急いで来るのが普通だろ
 絶対蜜璃ちゃんがいるからでしょ。
甘露寺
甘露寺
伊黒さん!
伊黒
伊黒
甘露寺はまた天丼を食べていたのか?
甘露寺
甘露寺
はい!伊黒さんもどうですか?
伊黒
伊黒
俺はさっき食べたから大丈夫だ
 なーんて言ってるけど、ホントは蜜璃ちゃんが天丼を食べているところを見ていたいんだよね。うん、わかるよ←
甘露寺
甘露寺
じゃあ伊黒さんの分まで食べますね!!
伊黒
伊黒
ああ、頼む
 2人だけの世界が出来たところで、おいとましますかね。
星影 (なまえ)
星影 あなた
それでは私は行きますね
甘露寺
甘露寺
あなたさん、ありがとうございました!!また一緒に食べましょう!
星影 (なまえ)
星影 あなた
うん、また今度にね
伊黒
伊黒
……
星影 (なまえ)
星影 あなた
(謎の圧が送られてくるけど無視)
 2人を置いて私は自分の屋敷に戻った。