無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

Gemini 8
胡蝶
胡蝶
でしたら竈門君は私の屋敷でお預かり致しましょう
炭治郎
炭治郎
えっ?
胡蝶
胡蝶
はい連れて行ってください!
隠
前失礼しまァす‼︎
お館様
お館様
では柱合会議を…
炭治郎
炭治郎
ちょっと待ってください‼︎
炭治郎
炭治郎
その傷だらけの人に頭突きさせてもらいたいです 絶対に
隠
黙れ‼︎黙っとけ
炭治郎
炭治郎
禰󠄀豆子を刺した分だけ絶対に‼︎頭突きなら隊律違反にはならないはず…
隠
黙れ‼︎指はがせ早く!!
炭治郎
炭治郎
はぶぇ
 隠の人達と竈門くんが言い合っている間に無一郎くんが小石を飛ばした。
無一郎
無一郎
お館様のお話を遮ったら駄目だよ
隠
もっ申し訳ございませんお館様,時透様
甘露寺
甘露寺
(無一郎君…やっぱり男の子ねカッコいいわ)
無一郎
無一郎
早く下がって
隠
はひっ…はいィイ‼︎
お館様
お館様
炭治郎 珠世さんによろしく
炭治郎
炭治郎
!?
 隠の人達と竈門くんが去って,辺りはさっきまでとは違い静かになった。
お館様
お館様
では始めようか