無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

Aries 10
 竈門くんが向かっているはずの山へと向かう。お屋敷から遠いためやはり1日では着かなかった。でもいい訓練にはなっているだろう。




 鬼も多いしね……。
鬼
グルゥゥゥゥ…アアアァァァァ!!!!
星影 (なまえ)
星影 あなた
はい?急に襲ってくるとかどういう教育を受けてきたんです?
 刀を構えた途端に大声をだして襲ってきたし。数もまぁまぁ多いし。まぁ,病み上がりのいい訓練になるからいいけどね。
星影 (なまえ)
星影 あなた
星の呼吸 漆の型 星群光斬
 大丈夫。腕は鈍ってなかった。よかった。再び呼吸を整えて鬼と向かい合う。斬っても斬っても湧いてくるあたり,竈門くんが近くにいるのだろう。なんせ鬼舞辻が追ってを放っているのだから。
鬼
ガァァァァァァ
星影 (なまえ)
星影 あなた
星の呼吸 肆の型 流星天
 もう少しで会える