無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

star2
 今日は任務がないので屋敷で過ごそうと思ったら、お客さんが来た。
胡蝶
胡蝶
あなたさーん、いますかー?
 どうやらしのぶちゃんが来たらしい。
星影 (なまえ)
星影 あなた
はーい、いますよ〜
 返事をしてしのぶちゃんのとこに向かう。
星影 (なまえ)
星影 あなた
どうかした?
胡蝶
胡蝶
あなたさん今日は任務ないですよね?
星影 (なまえ)
星影 あなた
うん、ないよ
胡蝶
胡蝶
この後、甘露寺さんと甘味処あまみどころに行くんですけど、あなたさんもどうですか?
星影 (なまえ)
星影 あなた
甘味処……
 しのぶちゃんと蜜璃ちゃんとは、よく甘味処に一緒に行く仲である。もちろん行かないという選択肢はないので、
星影 (なまえ)
星影 あなた
行く!
胡蝶
胡蝶
あなたさんならそういうと思いました!では早速行きましょう
星影 (なまえ)
星影 あなた
うん!
 この後、蜜璃ちゃんとも合流して甘味処で満喫した。相変わらず蜜璃ちゃんが食べる量はすごくて、見てるこっちもお腹いっぱいになってしまうぐらいだった。