無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

Taurus 3
鬼舞辻
鬼舞辻
…どうだ?
 どうだと聞かれてもわからない。鬼になったのかなんてどう証明すれば良いのか。ただ首が焼けるように痛いことしか感覚がない。
星影 (なまえ)
星影 あなた
ハァハァ……
童磨
童磨
どうです?
猗窩座
猗窩座
成功か…
黒死牟
黒死牟
いや,
鬼舞辻
鬼舞辻
首の傷が治らないな
星影 (なまえ)
星影 あなた
……?
 鬼舞辻にあごをすくわれ口を開けられた。
鬼舞辻
鬼舞辻
牙がない
 ということは私は…まだ人間なんだ……安心して力が抜ける。鬼舞辻にもたれ掛かっていることに気づいて急いで離れる。
童磨
童磨
あーあ失敗か〜ざーんねん♪
猗窩座
猗窩座
失敗か
黒死牟
黒死牟
ああだが
鬼舞辻
鬼舞辻
なんだ黒死牟
黒死牟
黒死牟
匂いが変わりました
鬼舞辻
鬼舞辻
匂い?
星影 (なまえ)
星影 あなた
えっ
 匂いとは?
童磨
童磨
あー確かに!血の匂いがこの前と違う!!
猗窩座
猗窩座
無惨様の血が混ざったからか
黒死牟
黒死牟
しかもこの血なら,並の人間で1000人分。稀血で言う50人分か
星影 (なまえ)
星影 あなた
1000人⁉︎
鬼舞辻
鬼舞辻
そこまでか。なら失敗ではないな
 鬼にはなってないのに鬼舞辻の血で稀血になってしまったとなると…これからの鬼狩りに支障が。
童磨
童磨
で,どうするんですか?
鬼舞辻
鬼舞辻
そうだな,このまま生かして駒として使う
 また意味のわからないことを!!
星影 (なまえ)
星影 あなた
誰が駒なんかに
鬼舞辻
鬼舞辻
いやならこのまま殺されるだけだ。大好きな星が見れなくなってもいいのならな
星影 (なまえ)
星影 あなた
 なんで知ってるの?
鬼舞辻
鬼舞辻
まぁお前に拒否権はない,鳴女
 



 べべん!!





 琵琶の音が聞こえて,あの森の中に私は立っていた。