無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3♡
雪白(なまえ)
雪白あなた
困ってる子は、いないかなー?
佐久間大介
佐久間大介
そんな、俺みたいな子いっぱいいないでやんす!
にこ♡
にこ♡
いや、毎日10人くらい助けてるよ。
にこ♡
にこ♡
でも、友達にしたのは、君だけ。だから、うらやましがってたんだよ。みんな。
雪白(なまえ)
雪白あなた
だって、なんかカッコよくて一緒にいたら楽しいだろーなっておもったんだもん。
佐久間大介
佐久間大介
っ、///
女
きもーい!
阿部亮平
阿部亮平
や、めろ。
阿部亮平
阿部亮平
勉強道具には、さわらないでくれ!
女
は?ばっかじゃないの?そー言われたらやりたくなるんですー!
佐久間大介
佐久間大介
あ。
雪白(なまえ)
雪白あなた
ちょっとまって。
阿部亮平
阿部亮平
ふざけんじゃねぇ。何も悪いことしてないんだから。勉強してるだけだろ?
女
それがキモいの。そんなカッコでやってて。
雪白(なまえ)
雪白あなた
キモいのはどっちでしょー。
雪白(なまえ)
雪白あなた
人の努力をふみにじって。
雪白(なまえ)
雪白あなた
せっかく、変わろうとしてるのに。
女
は?お前なんかにいわれたくねぇーし。
雪白(なまえ)
雪白あなた
あんただって、ほんとは真面目で成績優秀だった。でも、途中から、グレた。なんで?
女
そ、それは。
雪白(なまえ)
雪白あなた
大丈夫。ほめられたかったんだよね。でも、誰も何しても振り向いてくれないから、こうなったんだよね。大丈夫。私は見てたよ。よしよし
女
(泣)あなた様〜
雪白(なまえ)
雪白あなた
これからは、ただしくいきてな?
女
はいっ!すいませんでした!
雪白(なまえ)
雪白あなた
阿部亮平くん?
雪白(なまえ)
雪白あなた
大丈夫?よく我慢したね。
阿部亮平
阿部亮平
は、はい!(泣)
雪白(なまえ)
雪白あなた
あーあー、参考書やぶれちゃって、、
雪白(なまえ)
雪白あなた
ちょっとまってて
雪白(なまえ)
雪白あなた
もしもし?
雪白(なまえ)
雪白あなた
うん!そうそう!よろしくー♡
雪白(なまえ)
雪白あなた
もう、大丈夫。買ってくれたよ!学園長!
阿部亮平
阿部亮平
そ、その、ありがとうございます!
雪白(なまえ)
雪白あなた
あと、阿部くんも髪の毛変えてみて?きっと、勉強しやすいよ?そしたら、私にも勉強おしえて?
阿部亮平
阿部亮平
は、はい!
佐久間大介
佐久間大介
すごっ!あなた様!学園長とも仲いい(笑)
にこ♡
にこ♡
タメだもんね(笑)
阿部亮平
阿部亮平
じゃ、ありがとうございました!また明日!
阿部亮平
阿部亮平
(髪の毛、めっちゃかっこよくしてもらお!かわいかったなぁあなた様!)