無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

ふまけん♥
(健人)

なんか起きたら手錠つけられてるし、裸だし…。こういうのAVとかで見たことある

健人『菊池ッせめて手錠外してくれない?』

風磨『お断りします』

そんな丁重にお断りすんなぁ😭でも菊池のおっきくて気持ちいいからな…/////

風磨『んふ‪w早くされたいんでしょ?素直にれよ』

健人『……/////////』

なんにも言えない…この刺激好きかも。

風磨『だって中島のこれちょっと勃ってるよ?』

健人『うっさい//』

風磨『はいはい。いい子ちゃんは黙りましょうねぇクチュ…ペロペロ。ふー』

うわ…やべぇ。俺、耳弱いんだった

健人『ふァ…ンッ……クッ』

風磨『中島が耳弱いことくらい知ってるよ
ここ可愛い笑笑こんなに綺麗なピンクにしちゃって…やらしい‪w‪w』

健人『ちょッ…無理』

風磨『とか言って感じてんの誰だよ。ねぇ、やってみたかったんだけどさ、膝の上に前向きで乗って、腕を首に回して、足を腰に巻き付けてくれない?それで、自分で入れて』

えっ……それって、、

風磨『今のお前に拒否権なんてねぇから』

健人『わかった、じゃあいくよ?ヌプッ…ズチュんぁぁ…はぁはぁ、、ちょっと待ってもう少しで全部入るから』

風磨『焦れってぇよズンッズチュズチュ…パンッパンッ』

!!?嘘だろ……下からめっちゃ突かれて奥にすげぇ当たってる/‪////

風磨『ふふッ気持ちいだろ?』

健人『ふぁ♡…いや♡ちょ…』

風磨『嫌じゃねぇだろ、ずっとこうされるの待ってた癖に、、もっと泣けよパンッパンッヌチュ…パンッパンッ…パン』

健人『あぁ♡イっちゃう、逝くからもうやめて…んんッイグ…!!?逝った…もッイったからぁ♡』

風磨『辞めるわけねぇだろ、おれがまだなんだよ』

健人『ダメ…またイクッ……ビクンッビクンッ』

明日腰終わったぁ😱

風磨『どうだった?気持ちよかったろ?いつもより奥突かれて‪w‪w正直になれ』

健人『いつもより刺激的で良かった……(ボソッ)』

風磨『よろしい。おやすみ…』

健人『ん…。』