無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

めめこじ♥
(蓮)

蓮『康二くん覚悟しといてね。今日激しいから』

康二『めめッ俺何したの、お願い教えてぇ?あと…そのグリグリもうやめてッ…なんかムズムズするぅ…🥺』

蓮『だからさ、なんなの?その顔は?俺をどんだけ煽らせたいの?てか、今までの話聞いててわかんない?
妬いてんの。メンバーに!!かっこ悪いだろ…‪w笑えよ』

康二『笑うわけないじゃんッ…おれ…ッ嬉しいよぉ?めめが…んあッ……妬いてくれて…あッ…だから、グリグリしないでって…言ってるじゃん/‪/////////』

蓮『チュ…クチュ…ん…レロッ』

康二『んっ…ぷはッ』

蓮『でもお仕置はちゃんとするからね?』

(寝室)

これは最近買ったやつ。糸で繋がっているこの丸いビーズを康二の尻に入れる

康二の反応いつもいいからめっちゃ楽しみ

康二『お仕置ってぇ?めめ、何するの?』

蓮『んー?これだよ。これを康二くんの尻の中に入れるの』

康二『!!?そんなの入んないよ』

蓮『俺が入れてあげるから安心てし』

康二『そーいう問題?』

蓮『うん。はい、じゃあ入れるよ』

グニュ、グニュ、グリグリ…

結構すんなり入ってく…

康二『ふッ♡んッめめぇ、痛い』

蓮『当たり前じゃん。お仕置なんだからちょっとは痛くないと。でも、力は抜かないともっと痛くなるよ?』

康二『わかったッ…』

蓮『よし、全部入った。しばらくこのままね』

康二『え?抜いてくれないの?』

蓮『ぬくよ?ちょっと。でも、もっと尻の中が濡れてからね』

(30分後)

康二『めめぇ、そろそろ良くない?』

蓮『うん。まぁいっか、じゃあぬくよ?』ボボボボボボボ(←一気に抜いた)

康二『あああぁぁぁ…一気にッ抜かないで…』

蓮『あ、逝かなかったんだ…偉いねよ康二くん。』

康二『うん!めめので逝きたかったか頑張った』

蓮『すごいよ』ナデナデ

ふふッすごい気持ちよさそう、俺に撫でられて


可愛い