無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

きょもほく
(北斗)
最近、京本の事を考えると苦しくなってくるんだよな。好き……なのか??
いやいやいや、俺に限ってそんなこと無い
って、何一人で考えてんだろ…‪w‪w‪w
今日撮影あるから家出よ。


(楽屋)
あっ、ちょっと早く来すぎたかも。誰もいなかったら本読んでるかぁ
ガチャ(ドアを開ける音)

『えっ?』

大我『あっ、、北斗』

ガチャ(ドアを閉める音)
待って!やばいじゃん、俺ドア閉めちゃったよ。
はぁぁぁぁ最悪、この後の撮影めっちゃ気まずいじゃん!!!!
もうやっちゃったことは仕方ないし、少し時間経ってから行こ…


【15分後】
ガチャ(ドアを開ける音)

ジェシー『あ!北斗だ!!おはよ~』

慎太郎『なんか、今日いつもより遅くね?』

『あぁ、まっ、まぁな‪…‪w』

大我『おはよ』

『お、おはよ』

やっぱ気まずいよな、俺だって気まずいよ!!(←自分のせいです‪w‪w)

優吾『顔怖いけど、どーしたの?』

『えっ、そんなに?』

優吾『うん。結構』

『マジかよ…あっ、ごめん気にしなくていいよ笑てか、樹は?』

ジェシー『まだ来てねぇよ』

慎太郎『絶対寝てるよ、あいつ‪w‪w』

大我『あと、8分で始まるって言うのにね笑』

優吾『いつもの事じゃね?‪』

ガチャ(ドアを開ける音)

樹『おはよ~』

『おはよ~じゃねぇよ‪笑笑』

樹『えっ、なんで?あと5分もあんじゃん』

『あと5分しかだろ‪』

スタッフ『SixTONESの皆さんお願いしまーす!』

優吾『あ、丁度呼ばれたね』

ジェシー『よっしゃー!行くか~』



(スタジオ)
スタッフ『今日の撮影は、まず全員で撮ってからペアで撮りますのでこの紙を良くご確認下さい。』

京本とペアじゃありませんよーに……
京本とペアじゃありませんよーに……
なんか、樹がニヤニヤしてんだけど、、

樹『えーー、それではペアを発表したいと思います。俺&慎太郎 ジェシー&髙地そして、きょも&北斗という事でやっていきましょう』

うわー、まじかよ…よりによってなんで今日なの?

大我『よろしく、北斗』

『おぉ、こちらこそよろしくな』

あ、俺京本と話せてんじゃん!よし、撮影頑張ろ(←ちょろい‪w)

次回は撮影から入ります