無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ゆり組
(翔太)

最近、涼太が嫉妬してくれないから佐久間に協力してもらった!佐久間に妬いてくれるかな?笑

佐久間『しょうたぁ!』

以外とくっついてくるな…‪w‪w

ガチャ(ドアを開ける音)

ドンッ(ドアを閉める音)

翔太『えっ!?ちょッ…涼太!!?どこ行くの……』(追いかける)

ガチャ(ドアを開けて出る)

どこにいんだよ……。
あっ、居た!けど…涼太と話してるあいつ(若くてちょっとイケメンな男)誰だよ。とりあえず今は耐えられないから引き離そッ

『ごめんなさい。こいつ、俺のなんで』

俺はあいつから引き離すために涼太の手を掴んでずんずん歩いた

涼太『えっ、翔太……?ちょっと…痛いぞ?掴んでる手』

『あっ…ごめん💦つい…ちゃんと話すから今日はまっすぐ家に帰ろ?』

涼太『分かった…』

(家)

涼太『で?話って?』

『今日佐久間がさ、俺にくっついて来たじゃん?
あれね、涼太が佐久間に嫉妬して欲しくてしちゃったの…』

涼太『なんだ…そんなことか笑。別れ話するのかと思ったからそんなにショックさがない』

『なんだよ!!真面目に話したのに』

涼太『ごめん、ごめん』ポンポン(頭を撫でる)

『涼太…今日久しぶりにしない?』

涼太『いいよ』

『えっ?いいの??いつも嫌がるのに』

涼太『仲直りの証』

『じゃあベットいこ!』

ごめんなさい、ゆり組上手く出来なくて💦次回もゆり組なのでお楽しみください!