無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ふまじゅり
風磨自身、キスするなら京本としたいと話していたけど私はふまじゅりで描きたかったのでふまじゅりで書かせていただきます!


(風磨)


最近樹のことが好き過ぎてやばいんだよな…飯誘っても、今日しょっぴーと食べるからごめんねってさ……俺よりもしょっぴーかよ!!?今日、ドッキリグランプリの収録日でフジテレビにいんだけど会えねぇかな

トコトコトコ(廊下を歩く)

樹『へっ!?風磨じゃん!!!』

『えっ?樹??こいつほんとに樹?』

樹『そーだよ!田中樹だよ笑笑』

『お前また痩せた?』

樹『そー言う風磨こそまた筋肉ついた?男前だな笑笑』

『それはどーも。てか、今日暇?』

樹『今日?暇!』

『まじ!?飯食いに行こーぜ』

樹『それいーな!なんか久しぶりじゃね?風磨と飯食うの』

『お前がいつもしょっぴーと食うからとか言ってるからだろ』

樹『えーー、なにぃ?嫉妬ですか?笑笑』

『だったらなんだよ笑たまには俺とも食えよな』

樹『普通に嬉しいんだけど‪w‪w』

『何言ってんだよ‪w‪wこれから収録あるから行くわ、終わったら連絡して』

樹『りょーかいですっ』

久しぶりに樹と飯食えるな……何話そう?デビューおめでとうとか?いや、それもなんか違うな‪w‪wまっ、樹とならなんでもいいか。収録頑張ろ!


次回は待ち合わせするとこから始まります!