無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ふまじゅり
(風磨)


よっしやぁぁぁ~収録終わったぁぁぁ!!!まじで楽しみなんだけど笑早く連絡来ねぇかな

樹『風磨!終わったよ』(LI○E)

『OK。裏口で待ってる』(LI○E)

(裏口)

樹『お待たせ』

『おう。行くか!いつもの所でいい?』

樹『おう!』

(ガ○ト)

『最近メンバーとか、SnowManとはどうなの?』

樹『どうなの?って?』

『上手くやっていけてんのかなぁって思って』

樹『確かに‪w‪w風磨のバック付いてた時のメンバー内そんな良くなかったからね、でも今はもうすっごい仲良しなんだ!北斗もSixTONESを好きになってくれてさ』

『そうなんだぁ、良かったな!』

俺が知らない間に色んなことしてたもんな。もっと近くで見てやりたかったな…樹とSixTONESの成長を……

(帰り道)

『なぁ樹。俺さ、樹の事好きなんだよね』

樹『?俺も好きだよ?風磨のこと』

『ちげーよ。そういう事じゃないんだよ、樹の事が恋愛感情として好きつってんの』

樹『俺……そう言うの考えたこと無かったけど、風磨とならいいかな……‪笑』

『それは告白OKという事でいいですか?』

樹『こんな俺でいいなら、お願いします!』

(人気の少ない道)

『ギュッ』

樹『うわっ笑どーしたの?』

『もう……好き!やっと俺のもんになった。誰にも渡さないから』

樹『風磨以外貰ってくれる人いないよ笑やっぱ、風磨って筋肉凄いんだな!俺と身長3cmしか変わらないのに……』

『なんでよ?可愛いじゃん』

樹『普通に可愛いとか言うなよ笑照れんだろ//』

『うわっ、告白した時照れなかったくせに抱きしめた時は照れんだ…笑ずっと抱きしめてよ』

樹『それはそれで嬉しい』

『今日俺んちに泊まる?明日の予定ないなら』

樹『明日はoffだから泊まる!』

(歩いてます)

『俺さ、自分の頭の中で樹はSかと持ってたけど以外とMなんだな』

樹『それ絶対風磨の前だけだよ!』

『俺しか知らない顔他のやつに見せんじゃねぇよ。見せたらもう、樹の顔見れないから』

樹『安心しろよ!そこは大丈夫。俺を誰だと思ってんだよ笑爆モテじゅったんだぞ?』

『そーだったな笑』


次回は風磨の家から始まります!