無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第27話

しょうかい
(紫耀)
俺、廉に嫉妬してんだ……(←今更)

海人『はーい!じゃあ次行くよ~』

全員『王様だーれだ!』

優太『はーい!』

海人『岸くんかぁ』

優太『それじゃぁ、4番が全員分のプリンをコンビニで買ってくる!さぁ、4番は誰かな~?』

勇太『俺かよ‪w‪w』

優太『はい、行ってらっしゃ~い』

(買い出し終わった)

勇太『ただいまぁ』

紫耀『おかえり~!早速、いただきまーす』

海人『うんま😆でも続けるよ~これが最後かな?』

廉『もうそろそろ時間やしな』

海人『はい!取って~ せーのっ!』

…!?

全員『王様だーれだ!』

紫耀『おれでーす!』

廉『うわっ‪w最悪じゃん‪、俺1回も王様になれなかった』

海人『俺も‪w』

紫耀『ドンマイ笑命令は、1番が今日の夜俺と飯を食いに行く!』

海人『んまた俺かよ!って自分でツッコミ入れちゃったよ‪w‪w俺何回選ばれるの笑
でも、紫耀とご飯に行けるならいいかな🤤』

実はさっき海人の番号が見えたからなんだけどね‪w

優太『そろそろ待機時間終わりじゃね?
じゃーー、行きますか?』

勇太『let's go』

(仕事終わり)

紫耀『俺らはこれから飯食いに行くから、じゃあな!』

優太『気おつけて行ってこいよ~』(←眠そう…)

海人『ばいばーい!』