無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ゆり組
(翔太)

昨日の涼太可愛かったな…俺を凄い求めてて。久しぶりにヤれて楽しかった😊いつも5歳児ってからかわれるけどヤる時はヤる男だよ、俺は

涼太『あ、翔太。おはよう』

『おはよう』

涼太『風呂行こ』

『おう!』

(お風呂はふまじゅりの時にで書いたので飛ばしましす!)

(台所)

涼太(朝ごはんを作ってる)

『美味しそうな匂いがする』ギュ(バックハグ)

涼太『危ないから離れな?』

『やだ!離れない!ねぇ、涼太…』

涼太『なに?』

『これからはさ毎日しない?』

涼太『まッ、毎日!!?疲れない?』

『だって俺ら若いし、元気じゃん』

涼太『そー言う問題?』

『ねー、ダメ?』

涼太『いいよ』

『いいの??やったー!』

毎日涼太の可愛い顔見れんじゃん

涼太『朝ごはんできたよ』

『食べよ、食べよ』

涼太『ど?』

『これ、すごい美味しい!また作ってよ!!』

涼太『喜んで』

『今考えると俺らって凄いよな…。生まれた時から一緒に居て、一緒にアイドルして、一緒に住んで、愛し合って……。昔じゃ想像もできないよな』

涼太『それはそうだな』

『俺、今涼太と一緒になれて幸せだよ?』

涼太『俺もすごい幸せだ』

『これからもよろしくな!涼太』

涼太『はい』
-----------------------------------------------------------------------


遅くなってしまいほんとにごめんなさい💦
ゆり組編にはあんまり自信がなくて…。すごい不安です😭

リクエストまた、ふまけんの受け、攻めのアンケートを4/11(土曜日)11時59分までお待ちしております!