無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第50話

#29と作者から
みさこside
あれからしばらくしてたくやも釈放され普段の生活に戻ったと思われた

誰もが思わなかった、あの1本の電話で














私の過去と繋がるとは
みさこ(3年)
(帰り道、なおとから電話が来る)もしもし、何?




















、、、誰?
------------------------
みなさん、お久しぶりです

作者です

この回をもって第2章が終わります

他の連携している『伝説と呼ばれるグループ』と『山王連合会と少女』が進んでいないため休載します

なるべく早く出来るように頑張りますのでお待ちください

それでは第3章の予告をどうぞ

()は撮影場所です
------------------------
みさの元に届いた1本の電話により繋がるみさの過去
(屋上)
りお(3年)
みさこ、あそことは何が関係あるの?
みさこ(3年)
私のもう1つの









家族がいるの
(みさこがどこかに向かう後ろ姿)
久しぶりだなみさこ
みさこ(3年)
ただいま、、、お兄ちゃん