無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

#28-15
A刑事
ハハッハハッハハッハハッハハッハハッノ ヽノ ヽッノ ヽ/ \ッ/ \/ \ッ
高橋刑事
高橋刑事
お前?
A刑事
馬鹿じゃねぇの

こんな学校出たやつなんて仕事も貰えねぇーし、就職なんてまともなこと出来ねぇーんだ

だから仕事与えてやったんだよ

感謝しろよ

、、、ウッ(蹴り飛ばされ壁に背中を打つ)
みさこ(3年)
(A刑事を蹴り飛ばす)ふざけたこと言ってんじゃねぇーよ
A刑事
あ、事実だろ
みさこ(3年)
そんだったらうちの両親や高橋さんはどうなんだよ

たかが復讐のために人の人生めちゃくちゃにしてんじゃねぇーよ
A刑事
くっそ(連行されていく)
高橋刑事
高橋刑事
、、、色々と悪かったな
みさこ(3年)
別に

ってかうちって行った方がいい?

蹴り飛ばしちゃったし
高橋刑事
高橋刑事
いや

たくやは事情聴取したら多分釈放だから
みさこ(3年)
ありがとう
たくや(3年)
(みさこに)色々と悪かったな
みさこ(3年)
別にいいよ

早く戻ってきてあげて
たくや(3年)
俺の場所があればな
みさこ(3年)
あると思うよ

あいつは任せて
たくや(3年)
ああ(去る)
みさこ(3年)
(ともやの目の前にしゃがみ)いつまで寝っ転がってんの?

立てる?
ともや(3年)
ハーハーハー、、、お前の親父に世話になるかもな
あなた

あんたが断る前に連れてくわ(ともやに肩を貸し立たせる)

H高生徒
まだ終わってねぇーだろ

何勝手に終わらせてんだよ
ともや(3年)
やめとけ

俺はとっくのとうに負けてんだよ

今日は自然解散だ
H高生徒
チッ