無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5
屋上にて
けいご(3年)
どうした?

2人で話そうなんて
みさこ(3年)
なぁ、けいごなら今の2年生で誰に部長の座を渡す?
けいご(3年)
俺はまだみんな未熟だと思う
みさこ(3年)
それは同感

しょっぱなさくやを送り込んだの失敗だったかな
けいご(3年)
まあ、決めるのは3月まで時間あるし、勝ち負けで決めたくないんだろ
みさこ(3年)
ああ
みさこ(3年)
(ある一点を見つめてる。そして首には半透明の結晶が付いたネックレスをかけてる)
けいご(3年)
お前そんな洒落たもん付けてたか?
みさこ(3年)
昔貰ったもんだ

お守りみたいなやつだ
けいご(3年)
そうか(去る)
みさこが見つめてる先には2つの高い塔らしきものが見える
みさこ(3年)
これが洒落てるってさ、、、お兄ちゃん