無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#27-5
みさこ(3年)
ともやはどこ?
H高生徒
(殴り掛かる)
みさこ(3年)
(片手で身動き出来ないようにしともやに電話する)もしもし?
ともや(3年)
何だ?
みさこ(3年)
人を呼んどいてあんたがいないってどういうこと?
ともや(3年)
こっちも忙しくてな
みさこ(3年)
そしたらこの場であんたに決めてもらうわ

この決着を来週の月曜日にうちの学校でやるかどうかを

ちなみにあんたが仕掛けたんだからそっちでやるという選択肢はないから

あんたが決めるのとこの人達が倒れるのどっちが早いかな?

(手に力を入れる)
H高生徒
ギャ-
ともや(3年)
(しばらくして)分かった、、、来週の月曜日お前の学校でやろう

そいつらを解放してくれ
みさこ(3年)
わかった(手を離す)

流石にやり過ぎたから簡単な治療はしとくわ
ともや(3年)
悪いな
みさこ(3年)
(切る)

(しゃがみ生徒の肩を見る)ごめんね、、、やり過ぎた
H高生徒
何で、、、俺らは敵だろ
みさこ(3年)
そうだけど、、、自分のやったことで、、、やり過ぎたって思うと、、、可哀想になるんだよね

(湿布を貼り)明日も痛かったら病院行って、治療費は払うから

それと今日はみんなを返して
H高生徒
わかった