無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

#28-10
体育館にいた生徒全員が入口の方を見る
そこにはみさこに支えられたともやがいた
りお(3年)
みさこ、、、
けいご(3年)
ハーハーハー、、、おせーよ
みさこ(3年)
(黙ってともやをたくやの方に押し出す)
ともや(3年)
悪い
みさこ(3年)
別に

(仲間の元に行く)ただいま
りお(3年)
お帰り
けいご(3年)
( -ω- `)フッ

ッ(ふらつく)
みさこ(3年)
(支える)、、、ありがとう、、、守ってくれて
けいご(3年)
それはこっちのセリフだバカ
ダーン(地響き)