無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ジミン
ジミン
わぁ、あなたの家久しぶり~
you
いや、毎日来てんじゃん
ジミン
ジミン
…でも、泊まるのは久しぶり!
you
だねㅋㅋ
ジミン
ジミン
うん!
you
…はやく
ジミン
ジミン
ん?
you
はやく作ってよキムチ鍋
ジミン
ジミン
あ、忘れてたわㅋㅋ
今から作りマース!
you
じゃああなたはお風呂に入ってくるね
ジミン
ジミン
え、一緒に入るのかと思ってたのに
you
なんでだよ(  ˙-˙  )
ジミン
ジミン
ㅋㅋ
冗談だよ、早く入ってきな
you
うん
お風呂にて
you
ジミンとお風呂…
別に良かったのにな
you
ってあなた変態みたいじゃん😕
うん。変態になってきてるねㅋㅋ

てか、独り言いっちゃうあなたちゃんかわいすぎ💓←
you
ジミーん!あがったよ!
ジミン
ジミン
あ、もう?
ジミン
ジミン
もうちょっと待ってよ
you
しょうがないな~…
んで、ジミンの料理あまりにも遅いからあなたちゃんも手伝おうとしてエプロン装着したの
ジミン
ジミン
え、待って俺を殺す気?
you
ひど。そんなに料理下手じゃないよ?
ジミン
ジミン
いや、そっちじゃなくてㅋㅋ
you
じゃあなに?
ジミン
ジミン
かわいすぎて
you
…っ//
なに急に。やめてよ
ジミン
ジミン
え、珍しく照れてるね。
かわいい
you
はぁ、うざい。
せっかく手伝おうとしたのに
ジミン
ジミン
わぁ、ごめんっ
you
ん、あなたは何したらいい?
ジミン
ジミン
んー、とりあえず鍋見てて!
you
おけ
もう、はたから見たら新婚かよって感じの2人。微笑ましいっす
このあと、2人仲良くご飯食べて寝ましたとさ
次回、【朝から…?】