無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,789
2021/02/19

第10話

お仕置き
ラウールが隠し扉から逃げて10分たった




ガチャッ






あいつらが入って来た
宮舘涼太
宮舘涼太
ん?ラウールはどこに行ったのかな?
阿部亮平
阿部亮平
…………
宮舘涼太
宮舘涼太
亮平。ラウールはどこに行った?
阿部亮平
阿部亮平
知らない
宮舘涼太
宮舘涼太
そんなはずないと思うけどな…
バチンッ
阿部亮平
阿部亮平
あ゙あ゙ッ!!
俺は、頬を叩かれた
宮舘涼太
宮舘涼太
ラウールは何処にいる。言え
阿部亮平
阿部亮平
し、、らない、、
宮舘涼太
宮舘涼太
知らないわけないだろ。あ〜ローターも抜かれてるじゃん。あの子は優しいから抜いてくれたんだろ?
阿部亮平
阿部亮平
違う、、
宮舘涼太
宮舘涼太
亮平には、もっとキツイお仕置きが必要みたいだね。蓮、大介、ラウールを探して来い。見つけたら俺のところに連れてこい
目黒蓮
目黒蓮
かしこまりました
佐久間大介
佐久間大介
わかった〜
2人は出ていった
宮舘涼太
宮舘涼太
亮平もあの二人のように俺の言う事を素直に聞けばいいのに
阿部亮平
阿部亮平
誰が聞くか…
宮舘涼太
宮舘涼太
まぁ、強がっていられるのも今のうちだよ
ネチョッ
阿部亮平
阿部亮平
あ゙あ゙/////
足を肩にかけられ、お尻の中に指を入れられた





ネチョッネチョッ
宮舘涼太
宮舘涼太
中、トロトロじゃないか
阿部亮平
阿部亮平
んぁっ、、あ゙あ゙ッ!!や、、めろ、、んんッんぁっ/////
宮舘涼太
宮舘涼太
もう一度だけ聞こう。ラウールはどこにいる?
阿部亮平
阿部亮平
あ゙あ゙ッ/////んぁっ/////い、、わない、、はぁん/////んんッ、、あ゙あ゙ッ/////
宮舘涼太
宮舘涼太
本当に頑固だね
ズプッ




指が抜かれ一気にあいつのものが俺の中に入って来た
阿部亮平
阿部亮平
あ゙あ゙ッ、、んんッ、、んああああッ!!
ドピュービュルルルルルッ
宮舘涼太
宮舘涼太
派手に逝ったね
パンパンパンパン
阿部亮平
阿部亮平
んぁっ、、あ゙あ゙ッ、、んんッ、、あぁんっ、、んぁっ/////
クリクリ





俺の乳首をつまんできた
阿部亮平
阿部亮平
ひゃぁあ/////あ゙あ゙ッ、、や、、んんッ、、やめ、、あぁんっんぁっ/////
宮舘涼太
宮舘涼太
素直になれよ(耳元)
阿部亮平
阿部亮平
んんッ、、あ゙あ゙ッ、、んぁっあぁんっ、、
おかしくなりそう…





いつもは、入れられたりしないからまだ意識を保つことができてたけど、本物を入れられると頭がおかしくなって壊れそうになる





どうしよう…





自分が自分じゃなくなって来る…





パンパンパンパン





パンパンパンパン





俺の気持ちいいところにものが当たって本当に壊れそうになる
阿部亮平
阿部亮平
あ゙あ゙ッ/////んぁっ、、らめぇ♡あぁんっ、、んんッんぁっ♡
宮舘涼太
宮舘涼太
ほら、俺の名前言ってごらん
阿部亮平
阿部亮平
んんッ♡あぁんっんぁっ♡りょ、、たぁ、さま、、あ゙あ゙ッんぁっ♡
宮舘涼太
宮舘涼太
「亮平は、涼太様のペットです。これからは、涼太様に従います」って言ってごらん
阿部亮平
阿部亮平
あ゙あ゙ッんぁっあぁんっんぁっ♡んぁっ♡りょ、へ、、は、あぁんっんぁっ♡りょ、、たぁ、さま、、の、、んぁっ♡あぁんっ、、んぁっ♡ペッ、、ト、、んっ♡です、、あ゙あ゙ッんぁっ♡これ、、からは、、あ゙あ゙ッ/////りょ、、たぁ、さま、、に、、あ゙あ゙ッはぁん♡んぁっ、、アッ、、んっ、、し、、たが、、いま、す、んぁっ♡
宮舘涼太
宮舘涼太
ふふ、よく出来ました
ごめんねラウール…






俺は、もう涼太様のペットとして生きていくよ…







俺は、涼太様に従う…







助けようとしてくれてありがとう…
阿部亮平
阿部亮平
んぁっ♡あぁんっんぁっ♡きもちぃ♡あぁんっ、、あ゙あ゙ッ/////
パンパンパンパン




パンパンパンパン





涼太様の腰が早くなる
宮舘涼太
宮舘涼太
そろそろ出すね…
阿部亮平
阿部亮平
はぁい♡んぁっ♡あぁんっんぁっ♡りょ、、たぁ、さま、、の、、せーし、、、あぁんっ、、たくしゃん、、んぁっ♡りょ、へ、、の、中に、、くだしゃい♡あぁんっ、、んぁっ♡
宮舘涼太
宮舘涼太
いいよ
パンパンパンパン




パンパンパンパン
宮舘涼太
宮舘涼太
出るっ
パンパンパンパン




ドピューピューピュービュルルルルルッ






涼太様の精子が俺の中に出された
阿部亮平
阿部亮平
んぁっあぁんっんぁっ♡ああああああああぁぁぁ♡♡♡
宮舘涼太
宮舘涼太
ふふ、亮平、これからよろしくね
阿部亮平
阿部亮平
はぁい、、りょ、、たぁ、さま、、
宮舘涼太
宮舘涼太
外してあげる
阿部亮平
阿部亮平
ありが、、とう、、ございます、、
涼太様は、俺につけてあった鎖を取ってくれた
宮舘涼太
宮舘涼太
さぁ、おいで、パーティーの準備をしよう
阿部亮平
阿部亮平
はぁい♡涼太様♡
俺は、完全に涼太様に堕ちた





もう戻れないんだ…





これからは、涼太様のペット






涼太様に従う








涼太様のそばに居る