無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,424
2021/02/18

第8話

ペット亮平
涼太様について行った





地下室みたいなところまで来た
宮舘涼太
宮舘涼太
この部屋にいるよ
ガチャッ





キィー





そう言って地下室のドアを開けると





傷だらけで鎖に繋がれたまま立たされてる男の人の姿があった
ラウール
ラウール
え…
宮舘涼太
宮舘涼太
いい子にしていたかな?
阿部亮平
阿部亮平
さ、、わるな、、
宮舘涼太
宮舘涼太
あ、ラウール、この子が俺のペット亮平だよ
ラウール
ラウール
…………………ッ
佐久間大介
佐久間大介
んっ♡は、、やく、、亮平も、、んんッ♡ご主人様のおそばで、、んんッ♡は、、たらけば、、んぅ♡いいのに、、
宮舘涼太
宮舘涼太
ふふ、大介はいい子だね
僕は、驚きを隠せなくて後ろに少しずつ下がった
宮舘涼太
宮舘涼太
あれ?ラウールどこに行こうとしているの?俺の所においで
ラウール
ラウール
え、、あ、いや、、
宮舘涼太
宮舘涼太
言うこと聞けない子なのかな?
涼太様は一瞬にして声のトーンを下げた
宮舘涼太
宮舘涼太
こっちにおいで
怖い…






言う事聞かないと何されるか分からない…
ラウール
ラウール
は、はい、、
宮舘涼太
宮舘涼太
ふふ、いい子だね
僕は、涼太様の言う通りに涼太様の近くに行った
宮舘涼太
宮舘涼太
亮平、この子が新しく入った俺専用のメイドだよ。仲良くするんだよ
カチッ





涼太様はなにかのスイッチを入れた




すると…
阿部亮平
阿部亮平
んぁっ、、あぁんっ/////や、、めろ、、はぁん、、あぁっ/////
亮平と呼ばれる人が甘い声を出した





亮平と呼ばれる人のお尻に何かが入っているようだった
宮舘涼太
宮舘涼太
ふふ、今日は、歓迎パーティーをしよう。岩本家を呼ぼう。蓮、大介、頼んだよ
佐久間大介
佐久間大介
んんッ♡はーい、、はぁ、、んぅ♡
大介さんの様子がおかしい…
目黒蓮
目黒蓮
かしこまりました
宮舘涼太
宮舘涼太
君は亮平とおしゃべりでもしておくといい
そう言って地下室から出ていった