第124話

……ね、
僕が存在するだけで
泣く人がいるのか…
消えてしまった方が
いいんだろうね……