プリ小説
一覧へ

第15話

No.15
私達はディズニーランドに着いて、チケットを買い、荷物の確認をして中に入った。
壱馬
壱馬
まずはあれ、乗ろうよ!
理沙
うん…!
最初はビッグサンダー・マウンテンに乗るみたい。
私は怖かったけど乗るしかないと思って壱馬の後に続いて並んだ。
待ち時間、30分。
以外に混んでなくて、ビックリした。
直ぐに私たちも乗り物に乗る。
ドキドキしながらもその乗り物はどんどん走っていく。
意外にそんな早くスピードは出してなかったことに驚いた。
でも、やっぱり怖くて…
トンネルに突っ込んだり、岩をすり抜けたりと
スリルが合って、余計に怖い…
でも、景色がすごくて後ろの方に座ったけど、綺麗でさらに驚いた。
私はディズニーランドが初めて。
もう、大人になって初めて行く人なんてそんなに居ないから恥ずかしい…
そんなこと思ってるといつの間にか終わっていた。
理沙
はぁっ…
と、なんか一気に疲れてきた。
その様子を隣で見ていた壱馬が…
壱馬
壱馬
もしかして絶叫系苦手だった?
と、聞いてくる。
理沙
えっ!?
私はその言葉で驚いた。
理沙
何で分かったの?
壱馬
壱馬
ん〜
何となく?
ちょっと乗る時から顔が引きつってたから…
ちょっと失敗だったね…
ごめんな?
理沙
大丈夫だよ!
ちょっと落ち着いたし…笑
壱馬
壱馬
でも、何で言ってくれなかったの?
言ってくれたら考えたのに…
俺ばっかり楽しんで…
ほんと、ごめん…
理沙
言わなかったのは少しでも壱馬が楽しんでくれるかな?と思って…
私こそごめん…
全然壱馬は悪くないよ!
壱馬
壱馬
理沙…
ほんとにごめん…
ありがとう😊
理沙
うん!
ちょっと気まづくはなったけど、次は何乗るか2人で相談した。
ハニーハントに決まり、30分程並んでハチミツの壺の乗り物に乗って冒険をした。
お昼ご飯の時間になって、好きなメニューを頼み食べた。

お昼ご飯が終わり、グッズ売り場に行ってメンバーにお菓子の詰め合わせをプレゼントしようと考えてチョコレートとクッキーの2種類を買った。
壱馬と手を繋ぎながらプラプラしてたら…
ファン①
あれ、RAMPAGEの壱馬君じゃない?
ファン②
えっ!?
嘘!?
と、何やら騒ぎ出した2人の女の子達。
チラチラとこちらを見ている。
ファン①
隣に居るのってテレビで発表してた彼女さんだよね!?
ファン②
えっ!?
二人とも美男美女!?
羨ましい笑
ファン①
会いに行く?
ファン②
会いに行っちゃう?笑
と、話してる声が。
私達は顔を見合わせ笑い、ゆっくりとその子達に近づいた。
壱馬
壱馬
こんにちは!
理沙
こんにちは!
ファン①
えっ!?
ヤバい、ヤバい!?
理沙
良かったら握手してくれる?笑
ファン②
いいんですか!?
壱馬
壱馬
いいよ!🤝
ファン①
きゃ〜!🤝
ファン②
ヤバい!?
ありがとうございます!🤝
理沙
いえいえ!
これからもRAMPAGEをよろしくね?笑
ファン①
はい!
ファン②
2人のこと応援してます!
壱馬
壱馬
ありがとうございます笑
理沙
ありがとう😊
と、ファンの子達に手を振って離れた。
壱馬
壱馬
美男美女って言われたな!笑
理沙
うん!
そう言ってくれて嬉しいな笑
また頑張ろうってなるね!
壱馬
壱馬
そうだな笑
と、2人は笑ってまた手を繋いだ。



そろそろパレードの時間になって人が集まってくる。
私達もパレードを見ようと携帯のカメラで動画を撮影した。
理沙
📷 壱馬、こっち見て?笑
壱馬
壱馬
ん?
動画撮ってるの?笑
理沙
うん笑
これ、Twitterに投稿しようと思って笑
壱馬
壱馬
いいじゃん笑
と、2人で笑いあった動画を撮りパレードを映して2人仲良く手を繋いでる写真を投稿した。
すると早速…
@ aaaaaa
ヤバい
お似合い!
@bbbbbb
今日見かけた!
@yoshino_hokuto
二人、お土産待ってるよ!笑
@risa
楽しみにしてて笑
@kawamura_kazuma
待っとけ笑
@cccccc
コメント凄すぎ!
@dddddd
これからの2人が楽しみw
と、Twitterの凄いことにたくさんコメントをしてくれる。
理沙
ねぇねぇ、Twitter見た?笑
壱馬
壱馬
うん笑
ファンの人からもたくさんコメントくれてる!
嬉しいな笑
理沙
うん笑
じゃあ、帰ろっか笑
壱馬
壱馬
そうだな!
今日は楽しく過ごせたかな?笑
また思い出が出来たね!
これからももっと思い出作ろうね!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

理沙
理沙
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る