無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🐰
ジョングク
ジョングク
ま、
ジョングク
ジョングク
そうゆう事だから、
(なまえ)
あなた
ま、待って!
(なまえ)
あなた
グクさんに何があったかは分からないけど、
(なまえ)
あなた
私が好きにさせる!
ジョングク
ジョングク
好きにしたら、
ジョングク
ジョングク
俺はもう相手を好きになったりしない
ジョングク
ジョングク
お前もそうだ
ジョングク
ジョングク
俺の事裏切るんだろ
ジョングク
ジョングク
捨てるんだろ
ジョングク
ジョングク
だからもu
(なまえ)
あなた
決めつけないで!
(なまえ)
あなた
わ、私は!
ジョングク
ジョングク
もういい話したのが間違いだった
ジョングク
ジョングク
俺が言ったこと全部忘れろ
(なまえ)
あなた
嫌、、、
ジョングク
ジョングク
あ’’?
(なまえ)
あなた
嫌です!
ジョングク
ジョングク
何したら忘れてくれる
(なまえ)
あなた
何しても忘れませn、


チュッ






(なまえ)
あなた
ッ///

私の頬に柔らかい何かが一瞬だけ、触れた____

ジョングク
ジョングク
頼む、
ジョングク
ジョングク
忘れろ
(なまえ)
あなた
ッ
(なまえ)
あなた
わ、かったよ
ジョングク
ジョングク
ん


でも、何で悲しそうな顔するの___________