無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🐰
🐰side

それから俺は恋愛に興味を無くした。







それから毎日バイトの日々におわれてたんだ。



でもその日は違った。店に2人の高校生ぐらいの女の子が来たんだ





俺はその高校生に一目惚れした
(なまえ)
あなた
こ、こ、ここのお店オシャレですね!
ジョングク
ジョングク
あ、ありがとうございます


そんな無邪気な君のこと知りたいって思った。







でもその反面で好きになったらまた裏切られる______。


そう思ったんだ。_________________