無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,809
2021/03/29

第4話

青春時代 pt4
ジミニヒョンの口から自然消滅と出てきた時は泣きそうになった。


俺が振られた時にどれだけ悲しくて

どれだけ昔の自分を憎んで

どれだけ後悔して…引きずって

泣いて…忘れられない自分が嫌になったと
思ってるんですか?
ジョングク
ジョングク
…ジミニヒョン……覚えてないんですか?
俺達の終わり方。
ジミン
ジミン
いや……僕の記憶だと自然と…会わなくなって……
ジョングク
ジョングク
違いますよ。
振られたんです俺が…ジミニヒョンに……
理由も教えてくれずにさようならとだけ残して家も引っ越して。連絡先も変えて。
部活のメンバーとの縁も切って
振られても…それでも……貴方に会いたくて

見つけて欲しくて…

理由を教えて欲しくて…俺の事嫌いになった訳じゃないって言って欲しいとどこかで思ってて……

でも貴方にとって俺は忘れてしまえる程に
軽い存在だったんですか?
ジョングク
ジョングク
俺の事なんてどうでもよかったんですね
ジミン
ジミン
違う……違うんだよ…
ジョングク
ジョングク
何が違うって言うんですか?
ジミン
ジミン
……そうだ…!グクが街中を他の人と歩いてて…それで……
ジョングク
ジョングク
ジミニヒョンと付き合ってからは誰とも付き合ってませんよ
ジミン
ジミン
なんか……思い出せそうなのに…
すっごく大事なことを忘れてるような気がする。
少しの間沈黙が続いた。


店内の心地よいはずの曲も雑音とかす。
ジミン
ジミン
……グク…その数週間前に暴力とか振られてない?
ジョングク
ジョングク
あー…よく分からない人にやられましたね
言うて全治2週間くらいで済みましたけど
ジミン
ジミン
分かったよグク……思い出した。
ジョングク
ジョングク
理由を聞いてもいいですか?
ジミン
ジミン
暴力を奮ったのは僕の今の恋人だよ 
恋人がいるんだ……

胸がちくりと傷んだ。
ジミン
ジミン
大学で今の恋人に言い寄られて……
そんな時、グクの名前を相手が出してきて
グクを守らなきゃって一心でグクもメンバーも捨てたんだよ
その後グクと誰かが街中を歩いてるとこ見て…僕から振ったくせに辛くて…忘れよう忘れようって…
ジョングク
ジョングク
そんな理由だったんですね……
それに…多分兄だと思います。
ジミン
ジミン
お兄さんか…はは……そっか…
ごめんね…あの時は
ジョングク
ジョングク
…ジミニヒョンは今の恋人は好きですか?
ジミン
ジミン
分からない。でもきっと好きじゃないんだと思う
ジョングク
ジョングク
ジミニヒョン…俺強くなりましたよ?
鍛えてますし…仕事にもついて大人になりました。
ジョングク
ジョングク
もう一度あなたを俺のものにしたいです。
奪いに行ってもいいですか?
ジミニヒョンは何も答えてくれなかった。
ジョングク
ジョングク
その恋人とやらと戦う気ならあります。
ジミニヒョンは…どっちに着きますか?
ジミニヒョンは泣きそうな顔になりながらも
必死に笑顔を作って「グク」と言ってくれた。


昔のこともあるし怖いのだろう。


でもジミンシ…俺はこの7年思い続けたんです。


これくらいで負ける訳には行きません