無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,540
2021/03/28

第3話

青春時代 pt3
卒業アルバムを見てからグクをよく思い出すようになって、グクとの思い出のお店を回ってみたりカフェに来てみたりした。


煙草を吸いながら高校生時代を思い出す。


7年前に僕が座った席に座って、グクが座っていた席を眺める


「ジミニヒョン…ですよね?」


息を飲んだ。


怖くて顔が見れなくて…目眩がしそうだった。
ジミン
ジミン
…グク……
ジョングク
ジョングク
お久しぶりです…ジミニヒョン
煙草吸うようになったんですね
グクは何も言わずに前の席についた。
ジョングク
ジョングク
ジミニヒョンはよくこのカフェ来るんですか?
ジミン
ジミン
いや…前にグクと行ってから始めてきたよ
ジョングク
ジョングク
俺もです…ジミニヒョンは人の心に土足で踏み込んできたくせして跡だけ残していなくなっちゃうんですもん。
嫌な話ですよね
ジミン
ジミン
それは…ごめん
ジョングク
ジョングク
冗談ですよ、ただ…忘れられなかったんです…ジミニヒョンのこと…ずっと
別れた時も理由教えてくれなかったし…
ジミン
ジミン
理由…?僕達って自然消滅だよね?
ジョングク
ジョングク
は…?何言ってるんですか?