無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,347
2021/07/31

第10話

運命の人 pt5【完】
🐰side



ジミニヒョン…みたい?

そっか、俺は心のどこかでジミニヒョンを想ってたんだ


「ジミニヒョンを好き」と思った瞬間、違和感どころか全てがストンと収まった


メンバーだからって男だからって蓋をして

ジミニヒョンに似た君に恋をしたんだ。


ジミニヒョンに注ぎたくても注げなかった愛を彼に注いでたんだ。
ジミン
ジミン
…グク?どうしたの
ジョングク
ジョングク
ジミニヒョン…俺……勘違いしてたのかもしれません…
ジミン
ジミン
え?
ジョングク
ジョングク
本当はジミニヒョンの事が好きだったのかもしれないです
ジミン
ジミン
…えぇ?!
ジミニヒョンの顔が真っ赤に染まっていくのを見て
俺は我に返った


何を素直に言ってるんだ?


軽いやつだと思ったに決まっている…
ジョングク
ジョングク
いやっ…その……今のは…
ジミン
ジミン
それ…本当?
沈黙が続いてから俺は一言「はい」と言った。
ジミン
ジミン
喜んでもいいの?
ジョングク
ジョングク
喜ぶ…?
ジミニヒョンは真面目な顔をしていた。
ジミン
ジミン
…ずっと……練習生時代からずっと…グクと付き合えればいいのにって…思ってた。
夜中にあいつが来る度に胸が苦しくて…
俺の方が早くグクと出会ったのにって…
俺の方が沢山グクを知ってるのにって…ずっと嫉妬してた
ジミニヒョンと目が合って自然と逸らしてしまった。
ジミン
ジミン
ねえ…グク。こっち見て?
逸らした目を戻すと
ジミニヒョンは赤らめてこっちを見ていた。
ジミン
ジミン
…きっかけが僕だったにせよ、あいつのこと本気で好きだったんでしょ?
ジミン
ジミン
……僕が忘れさせるくらい…あいつより僕の方がいいって思えるくらい…愛すから…僕と付き合ってくれませんか?
ジョングク
ジョングク
・・・
止まっていた涙がまた溢れてくる。


まだ心に彼はいるし、傷だっていっぱいある。


それでも…ジミニヒョンとの未来を…考えてみたい。


そう思えた。
ジョングク
ジョングク
俺…結構重いです。
彼のことまだ全然忘れられる気しないです。それでも……俺でいいんですか?
ジミニヒョンの目にも涙が浮かんでいた。
ジミン
ジミン
…“グクでも”じゃなくて……“グクが”いいんだよ?
俺もジミニヒョンのことを抱きしめた。
ジョングク
ジョングク
…ジミニヒョン……大好きです
ジミン
ジミン
…ぅん……
ジョングク
ジョングク
俺もジミニヒョンのこと絶対幸せにします
ホソク
ホソク
おーーい、2人ともどこにいんの?
車来てるよ
ジョングク
ジョングク
やばっ…目赤くないですか?
ジミニヒョンは真っ赤ですよ?
ジミン
ジミン
グクもねᄏᄏ
2人ともフードを被って目元を隠し、駐車場まで走った。
ホソク
ホソク
2人共遅いよ〜運転手さん来ました
テテ
テテ
ん…?グク行きまで死にそうな顔してたのに
なんか口元ニヤついてない?
ジョングク
ジョングク
え?そんなことないですよᄏᄏ
テテ
テテ
なにそれᄏᄏ
それから辛くなった時はジミニヒョンが抱きしめてくれて、メンバーにも彼とのことを相談できようになった。

まだジミニヒョンとのことは言えてないが時期に言えたらいいなと思っている。


……まだ完璧には忘れられてない。

でも今俺はすごく幸せで、
少し…本当にちょっとだけ…彼に振られてよかったのかも?っと思えていたりもする…
ジミン
ジミン
ジョングガ〜?
ジョングク
ジョングク
はーい
ジミン
ジミン
今日デートしたいって言ったのジョングガだろ?タクシー来ちゃうよ
ジョングク
ジョングク
まだ10分以上ありますよᄏᄏ
…俺よりも楽しみにしてんじゃんᄏᄏ

本当に愛おしい俺の恋人。




そして彼に振られたからこそ気づけた俺の“運命の人”。


ーーー

アンケート

死ネタって読めますか?
大丈夫
62%
大丈夫じゃない
38%
投票数: 354票