無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,550
2021/03/31

第7話

運命の人 pt2
🐰side




「目赤いけど大丈夫?」

「仕事本調子じゃなかっただろ?」


ヒョン達に次々と言われる。


ごめんなさい。


俺は弱くて見栄っ張りだから理由は言えない。


また思い出して涙が体の内側から溢れて
止まらなくなる。


息がしずらくて、咳が止まらない。


辛い


苦しい


助けて
テテ
テテ
本当にどうしたんだよ

優しく頭を撫でてくれるホソクヒョン。

背中をさすってくれるラプモンヒョン。

正面で涙を拭ってくれるジニヒョン。

声をかけてくれるヴィヒョン。

話を真剣に聞いてくれるユンギヒョン。


みんなの温かさでまた涙が溢れる。
ジョングク
ジョングク
…ごめんなさい……っ…まだ理由は
言えない…です
弱い自分が嫌で、みんなに迷惑をかけてる自分が嫌で
恋愛なんかで仕事に私情を持ち込む自分が嫌で。


俺はみんなの手を振りほどいて走り出した。


自室に戻り扉の前でうずくまる。


触れちゃいけないと思ったのかメンバーは誰も来ない。
ジョングク
ジョングク
…うぅ……っ…
声を出して泣いたのはこれが初めてだった。


行かないで。


捨てないで。


もう縋たって遅いけど


誰か


誰でもいいから


俺を救って


この出口のない迷宮からすくい上げて


優しく俺を愛して



気づいたら寝てしまっていたらしく
目を覚ますと俺はベッドの上で寝ていた。


ヒョンがやってくれたのかな…後で謝らなきゃ


そっと自分の頭に手を当てた。

夢の中で頭を撫でられた気がする。


君に似た暖かい手で
俺が辛い時に「大丈夫」と声をかけてくれていたように。